nanya   イベント     


         なんやでライブ・上映会・芝居などやってみたい方は、こちら

         過去の出来事を見たい方は、こちら



なんやでは、以下の催しが予定されています。

   ライブは2階で行われます。この時、1階は、通常営業をしています。
   ライブを知らずにお越しになり、ライブはいいや、という方も、お気軽に1階へお入りください。
   (通常営業ですが、ライブ中は、BGMはながれません。)

   レコードコンサートの表記のあるものは、なんやに流れる音楽の選曲をその方におまかせするもので、通常の営業と変わりません。
   無料です。(飲食代は、必要です。)普段と違った選曲を、お楽しみください。

  記載されている料金以外に、飲食代が別途必要です。

★予約受付方法: 公演前日までに、なんや052-762-9289まで電話で、または、メールnanyagokiso@wing.ocn.ne.jp 宛メールまたは メールでの予約をお願いいたします。イベント名とその日付、お名前と人数、連絡先をお知らせくださいませ。
(留守番電話へのメッセージの録音だけでは予約の成立になりません。また、なんやの電話はかけてきた方の番号が表示されませんので、こちらからかけなおすことはできません。メッセージの中で、明確にご自分の番号を録音された方には、こちらから電話いたします。)


2019年


10月20日(日) ライブ 19:30~ 2000円
  長沢哲(ds)
  古池寿浩(tb)
  筒井響子 (daxophone)
   guest:puyo (alto sax)
 
繊細で表現力豊かなドラム奏者・長沢哲のライブツアー2019名古屋公演。旧知のトロンボーン奏者・古池寿浩、初共演のダクソフォン奏者・筒井響子とのトリオ。ゲストにサックス奏者・puyoを迎えて、詩的で映像的で幻想的な独自の即興演奏をお聴かせします。


10月22日(火)は、臨時休業です。よろしくお願いいたします。
10月23日(水)は、午後9時開店です。よろしくお願いいたします。



10月24日(木) ライブ 19:30~ 1500円
  東風 [渡辺敦(ts)+高田知也(b)+近藤久峰(ds)]
 
疾風怒涛のコードレストリオ
一視同仁な選曲、奔放自在のサウンドをお楽しみください。



10月25日(金) ライブ 19:30~ 1500円
  緋連雀
   齋藤直子(sax)
   野口UFO義徳(djembe)
   新井田文悟(b)
 
江戸界隈を席巻する炎のサックス奏者、齋藤直子。
西アフリカの大地をも揺るがすジェンベマスター野口UFO義徳。
今池界隈を騒つかせる一応ロックなベーシスト新井田文悟。
その3人が御器所の地に集い、あ〜でもない、こ〜でもないと、音をこねくりまわす即興ライブ。是非とも堪能しに来てください!(新井田)


10月27日(日)は、臨時休業です。よろしくお願いいたします。


10月30日(水) ライブ 20:00~ 2000円
  泉 邦宏(vo,sax,g,per,尺八,etc)
 
常に変化し続けている人。毎回毎回新しいことが、何かしら増えている。常に自由であり続けているからこそであり、そうでないとおもしろくないんだろう。そして、器用にこなしていく。ここも見所の一つ。何よりも、出てくる音楽がおもしろい!エキサイティングだ。


10月31日(木) ライブ 19:30~ 予約2500円 当日3000円
  
Trio Oddball
   渡辺隆雄(tp)
   臼井康浩(g)
   ハセタク(per)

 
空駆けるメロディー大地を揺さぶるリズム~ブラジルとロックが 激しく交わる場所 ブラジルのリズムを取り入れつつ、独特の編成でロックする熱く激しいインストトリオ。”


11月1日(金) ライブ 19:30~ 2000円
  「かしまし まーめいど 3人の夕べ」
   Flux and Flow
   ウカキョン
   鳥海涼子

 
名古屋で活躍中、キュートでイカしてる二人の鍵盤弾き語りと
東京からやってきた、元気印なアコーディオンと唄の
かしまし まーめいど3人会。


11月2日(土) ライブ 19:30~ 2000円
  『岡崎豊廣とHyakuyoso+百六番と電子宮』
   岡崎豊廣
   Hyakuyoso+百六番
   電子宮
 
【岡崎豊廣】
1990年頃より現在まで、ディスロケーションで活動。電子音インプロヴィゼーションを行なう。
 
【Hyakuyoso】
中短波コズミックドローンアーティスト
2014年活動開始、愛知在住
短波ラジオ、シンセサイザーなどを使いレトロフューチャーな雰囲気のピュアドローンを奏でる。
【百六番】
「正シイカタチ 求メテ 唄イ続ケテ・・」

   
電子宮〔でんしきゅう〕 theバーナムのギタリスト菊谷剛士による非スピ系極東音響プロジェクト〈電子宮〉
 


11月3日(日・祝) ライブ  19:30~ 2000円(8/3&11/3両日なら ¥3000(前もってご予約お願いします。))
  「イトウチハル スリーtoスリー 2DAYS企画」 イトウチハル③か月ごと ③の日(8月&11月) ライヴ。
  イトウチハル(vo,per) +LUKA(key)

  

おなじみとなってきたオリジナル曲と、ツボを得たカバーsongたちでお送りする、3か月ごとの夏と秋の夜。両日ご予約にてのスペシャルプライスもご用意してお待ちしております!


11月4日(月・振替休日) ライブ 19:30~ 前売(予約)2000円 当日2500円
  
くりやまsolo ★栗山純(vo,g) +有毒〆村田十三(ds)
  カネコテツヤ solo ★カネコテツヤ(vo,g)+金子ユキ(vln,cho,syn)
 
 
名古屋アンダーグラウンドのカリスマ的な存在感のボーカリスト栗山純(自由次元)が久しぶりにジャンルにとらわれないボーダーレスな活動をするドラマー村田十三とセッション。
対バンにインド音楽家のカネコテツヤがボーカルとギターでエモサイケな世界観の歌ものユニットで登場!伴奏は金子ユキがバイオリンとコーラスなどで参加。


11月5日(火) ライブ 19:30~ 2000円
  柳川芳命(as)
  Meg Mazaki(ds)
  S.Shah スティーブン(g)
 
Meg Mazakiとのデュオは、いよいよ第3ステージの『After It’s Gone』(シリーズ名)に入ります。
今回このデュオへの刺客に、S.Shah スティーブンをノミネートしました。
怪談シリーズで和的な情念に浸ってきたデュオに、スティーブンの音世界がブレンドされるとどうなるか?
その化学反応はやってみるまで分からない。(柳川)


11月7日(木) ライブ 19:30~ 2000円
   ハナクソ(vo,g) from高知
   チャーリー(vo,g)
   石川橋万太郎(vo,g)
 
  
硬い芯のある三人が、それぞれのやり方で魅せてくれるライブ。強烈な信念を感じさせる演奏。迷っている暇はない。あなたも迷わずお越しください。
ハナクソ君、まっすぐストレートすぎる人で、こちらの心が揺さぶられる。独特の動き、独特の声、すごい汗。ぜひ、見に来て頂きたい。
チャーリー「ジャンルにとらわれずパンク、ブルース、レゲエ…何でも取り入れて歌ってます。 独特な世界観を是非(笑)」 アコギ一本で歌ってます。

石川橋万太郎(いしかわばしまんたろう)
汚れ系アコースティック
弾き語りロケンローラー
石川橋在住
http://junksickjack.com/mantaro/



11月8日(金) ライブ 19:30~ 2000円
  大谷氏&とっちゃん
  沖石丸 [沖てる夫(vo,g)+石丸Q(cajon)]+うかキョン(vo,acc)
   

名古屋と富山の超有名バンドが集結。これを見ずして名古屋富山ラインを語れない。カミオカンデも通過点。滋味強壮。未来が見えるかもしれない。


11月9日(土) ライブ  19:30~ 2000円
  太鼓屋素浪人(ds)
  武藤祐志(g)

  puyo(as)
 

数々のフリーインプロセッションで刺激的な世界観を展開する武藤祐志さん、PUYOさんとご一緒させて頂きます。3人はどんな音の絵を描くのか?各々のカラーがぶつかり、共鳴するセッションにぜひお越し下さい!(太鼓屋)


11月10日(日) ライブ 19:30~ 2000円
  
秋ノ宴歌祭
   
樋口智美(v,g)
   フウジン(v,key※ワッペリン)
   あまねすキョン(天麻音ひぃ☆(即興歌舞※ジョンダリ)/うかキョン(acc,cho※第8旅団))
   ISAMU(詩の朗読/詩的表現)
ワッペリンのマスコットで奇妙絶妙なフウジン。
女の情念を歌い上げる樋口智美。
マルチなアーティスト、天麻音ひぃ☆と第8旅団(acc)うかキョンによるユニット、あまねすキョンが当夜限定で登場。
この顔触れだけで面白愉しき一夜、宴になると確信。
宴のような宴歌祭。
艶やかな夜。
華やかな夜。
麗しやかな夜。
賑やかな夜。
そんな秋の夜。
まさに秋ノ宴歌会。
どうぞお越し下さい。

    
樋口智美(v,g):
私を愛してくれないのなら、せめて殺してくれますか。
樋口智美です。どうぞよろしく。
フウジン(v,key※ワッペリン):
ポップで奇妙、絶妙!!
名古屋を中心に活動するバンド、ワッペリンのVo.,Key.のソロ活動。
ルーパーでリアルタイムサンプリングをしながらリズムが楽しいヘンテコな歌を歌います。
あまねすキョン(天麻音ひぃ☆+うかキョン):
マルチなアーティスト活動を精力的に展開中の天麻音ひぃ☆と第8旅団(acc)うかキョンによる当夜が初御披露目の当夜限定ユニット。
 天麻音ひぃ☆(即興歌舞※ジョンダリ):
 セルフポートレートからアーティスト活動を開始。
 バーレスク・ダンサーとして新宿歌舞伎町で1年活動。
 活動拠点を中京に移した現在、即興歌舞パフォーマーとして様々なミュージシャンとのコラボ演舞を経験。
 フリーランス・ヌードモデルとしても活動中。
 オリジナル曲のラブドラム弾き語りを現在、展開中。
 うかキョン(acc※第8旅団/沖石丸):
 結成40周年を迎えた第8旅団に入団して5年目、アコーディオン担当。
 昨年からは第8旅団を率いる(v,g)沖てる夫氏、(d)石丸Q氏とのユニット、沖石丸にもゲスト参加。
 ソロではピアノ弾き語り。東海、関西を中心に活動中。
ISAMU(詩の朗読/詩的表現):
2001年夏、本格的に詩作を開始。同年9/2に出場した予選会を勝ち抜き同10/13『第1回 詩のボクシング愛知県大会本戦』@今池「得三」でデビュー。
詩的表現イベント、言葉ズーカを始め数々のライブイベントを手掛けて来た今年で活動、デビュー18年、19年目突入の一篇入魂型朗読詩人/詩的表現者。
 


11月11日(月) ライブ 19:30~ 2500円
  DRAW SPACE FOLDS [辰巳‘小五郎’光英(tp,etc)+藤掛正隆(ds)]
 
draw space folds:
ジャンルを飛び越えて活躍する無重力トランぺッター辰巳“小五郎”光英とフルデザインレコード主宰ドラマー藤掛正隆によるスペースデュオ。
名古屋の真心なんやに2年ぶりの帰還。不思議楽しの極楽音宇宙に乞うご期待、新作も持参予定~。


11月12日(火) ライブ 19:30~ 2500円
  華村灰太郎カルテット  [灰太郎:うたギター  今福知己:ベース  つの犬:ドラムス  高岡大佑:チューバ]
 
なにが欲しいって?
自由!
たとえ幻であったとしてもね。
心にどうしたって湧き上がってしまう、あの感覚!
これだけは、手放せないっ!

歌ってる瞬間瞬間はギリギリなんだ。崖っぷち。
俺ひとりに演れることなんて限られてる。

ところが、一緒にいる三人!
つの犬!今福!高岡!
アイデアの宝庫!宝箱!

そんなリズムと音色が聴こえてきたら、そこはもはや崖っぷちじゃなくて滑走路なのさ!
助走もなしに、飛べばいいんだ。

心よりお待ちしております!
(華村灰太郎より)



11月14日(木) ライブ 19:30~ 1000円
  
take-bow guitar solo
     DUO with puyo(as)
 
京都の天地を揺るがすギター奏者タケボウが、名古屋なんやまでやってくるんだ。ギターソロを見せに。ぜひ、受け止めよう。うあんうあん。


11月15日(金) ライブ 19:30~ 2500円
  Improvisation session
   福島久雄(g)
   臼井康浩(g) DUO
名古屋在住の素晴らしい即興ギタリスト臼井康浩さんを迎えて一期一会の音の世界を探訪してみたいと思います。
  
福島久雄(guitar)
https://gypsyswghomepage.jimdo.com/
'88年、東京ホットクラブバンドに参加。 フランス・ツアーでジャンゴ・ラインハルト・フェスティヴァルに参加する。 '99年、サラエボで開かれたJazz fest Sarajevo'99に出演。 '01年、オスロで開かれた" Django Reinhardt festivalに出演。 '07年、Gypsy Jazz Festival New Caledoniaに出演。 Gypsy swing projectでアルバム「De quel pays etes vous?」 (Capivara)、 自己のカルテットでアルバム「European dark sky」(Ohrai Records)を発表。 現在は、松本健一(sax)との漂流(さすらい)duoライブ、山田晃士&流浪の朝謡等で活動中。 ノスタルジックなジプシー・スィング・ジャズからモダン・ジャズ、フリー、アーヴァンギャルド、民族音楽、 等の境界を超えたインプロヴァイズド・ミュージックを目指す。
臼井康浩(guitarist,composer,producer)
 名古屋在住で国内外で即興演奏を中心に越ジャンルで活動するギタリスト。即興を音楽の源点と捉え名古屋在住で国内外で即興演奏を中心に越ジャンルで活動するギタリスト。即興
を音楽の源点と捉えて、年間100本前後のライブを行う。舞踏、書家、詩人、画家
らとの異ジャンルコラボも積極的に行い、近年は即興演奏する際の考え方であるインプロ思考法という独自のアプローチも発信している。
http://www.usui­yasuhiro.



11月16日(土) ライブ 19:30~ 100円
  草莽妖艶奇音祭
   三浦史洋スペシャルロマンチックバンド [三浦史洋(vo,g)+ひだかひとみ(vo,g)+puyo(as)+G子(vo,g)+中西健雄(per)]
   Mr.F(一人歌い)
   TAKESHI
   あきこ
やっとかめ、なんやライブ
今夜は多彩なメンバーで奏でる妖奇艶福笑演
皆様、楽しんでいただければ、幸いで。   かしこ   (三浦)

 

 


11月17日(日) ライブ 19:30~ 1000円
  「各々の回り道」
   オキナガミツル
   石原豪
   ひだしん

   
オキナガミツル「ソールオブリバティ」「ホットドックス」ギターボーカル、ロカビリーをルーツに型にはまらない自由な表現を求めてソロでなんや初登場、当たり前に上手くてスマートにカッコいい男。石原豪、「R 244」「東西南北」ギターボーカル押しが強く、うっとおしいほどの堂々とした佇まい、抜群のリズム感と歌の上手さで爆裂!なんや初登場。ひだしん、人情ロックンロール弾き語り開祖、ヒット曲、ニュー人情ソングの押しと引きでこの夜も人情注入!!11月17日日曜日各々の回り道3人ソロ7時半スタートチャージ1000円是非!!


11月20日(水) ライブ 19:30~ 予約3000円 当日3500円
   渡辺隆雄Trumpet
   早川岳晴Contrabass

 
超一線級のトランペットとウッドベースがいろんな曲を演奏。コード楽器がないという異例な組み合わせなのに、それをおもしろさに変えてしまうところが凄い。ふくよかな音、刺激的な音、小気味のいい音、凄味のある音を聞こう!!!ワクワクドキドキ!



11月22日(金) ライブ 19:30~ 3000円
  林栄一(as)
  国仲勝男(b)
  
こんなにもすごい技・心・そして純粋さが詰まったライブを私は知らない。日本どころか世界の最高峰だ。目の当たりにしようじゃん。
 


11月23日(土・祝) ライブ 2階開場18:30 開演19:00 2500円
  なんやのご飯で沖縄交流ライブ!
   D@LL(沖縄)
   のらりずむ(沖縄)
   トーガンジーレーコ(名古屋)
   川合ケン(名古屋)
   白根キヨマロ(岐阜)
   沖てる夫(名古屋)
   野々山聖(名古屋)
   Woody 木下(名古屋)
   森香(名古屋)
    and more

ビギンの沖縄、仲間由紀恵の沖縄、ロックの沖縄、民謡の沖縄、沖縄にはいろんな顔がある。それを教えてくれた二組の男女デュオを名古屋の超絶ディープスポットにお招きして多種多様な音楽に塗れる夜にします。乞うご期待。



11月24日(日) ライブ 19:30~ 2000円
  Hidamari [伊藤史和(g)+太子きよ(p)]
  
Hidamari
2017年末、名古屋のギタリスト伊藤史和と埼玉のピアニスト太子きよの二人で結成
ジャズやボサノバ等のブラジル音楽をベースに、独自のアレンジ曲やオリジナル曲を演奏するインストユニット。
軽快でナチュラルな美しい響きを、なんやの落ち着く空間でお楽しみください。


11月28日(木) ライブ 19:30~ 2000円
  夢野カブ(vo,g)
 



11月29日(金) ライブ 19:30~ 1000円
   雑ミュージック [john karabushi(vo,g)/daniel buschmann(vo,g)/shuwaters(g,harp)]
 
ブーマーズ、第8旅団の名ギタリストjohn karabushi が歌う。that's music!
沖縄からはdaniel buschmann(g.v)。「プリンセス ストリートブルース」「矢田川」他 名古屋ゆかりのオリジナルナンバーは必聴。
shuwatersがギターとハープで 二人をサポートする。



11月30日(土) ライブ 2階開場19:00 開演19:30 2400円
  武藤祐志(g)
  白木佐也加(voice)
  加藤雅史(contrabass)

 
インプロ、ジャズ、ロックなど様々なジャンルが交差するなんやでの武藤企画。今回はリョーケストラで共演している白木佐也加とIN THE MOMENTで共演している加藤雅史を迎えてフルコンタクトなDUOやTRIOを展開します。お見逃しなく!


12月1日(日) ライブ 19:30~ 2500円
  早川岳晴(b)
  谷向柚美(vo,key)
  G子(g)
  近藤久峰(ds)
  puyo(as)
 
 


12月4日(水) ライブ 詳細未定
  森田修史(sax)
  水谷浩章(b)
  つの犬(ds)



12月5日(木) ライブ 20:00~ 2000円
  野道幸次(sax)
  森順治(as,b-cl)
  柳川芳命(as)
  Maresuke Contracello
 
年齢を重ねたもの達にしか創れない、音と間。
東京の森順治/Maresuke、
中部の柳川芳命/野道幸次。
この四人による配色音。
是非!


12月6日(金) ライブ 19:30~ 詳細未定
  High×Usi [華村灰太郎+川畑usi智史]
  川畑アキラ(ex.コブラツイスターズ)


12月7日(土) ライブ 19:30~ 2000円
  マサ・タケダ(vo,g)(大阪)
  
キタN(than)
  進藤宏希(vo,g)
  ひらやまやすし(vo,g)
5月10日大好評だったメンバーに、ひらやまやすしさんを加えて、今年の名古屋を打ち上げます。5月来れた人も来れなかった人も満足させますので、おいでください♪(マサ)

  
マサ・タケダ
ジャズやブルース、フォーク、カントリー等アメリカンルーツミュージックを愛好しGibson ES-125を愛用する西宮生まれ大阪在住のシンガーソングライター。
全国年間150本以上のライブを行い、各地で「マサのライブはお酒が進む」と絶賛される。マサ自身が尊敬する吾妻光良、有山じゅんじ、長見順、オレンジカウンティブラザーズ飯田雄一とも共演し、各ファンからも評価を受ける。
【HP】https://ragtimeblues1929.wixsite.com/masatakeda
【Online Store】https://masatakeda.stores.jp/
【Twitter】https://twitter.com/masatakeragtime
【FACEBOOK】https://ja-jp.facebook.com/masatakeragtime/
【YouTubeチャンネル】https://m.youtube.com/channel/UCmx-Xu9hewRoSsBAxU63ZTQ

 
キタN(than)
昨年行われた世界最大のバンドコンテスト「エマージェンザ 2018」で日本代表の座を獲得、ドイツで行われた世界大会に出場、7位の実績を残した大阪のバンド[than](ザン)からギターボーカルのキタとクラリネットのNが「キタN(than)」として出演させていただきます。ゆったりと深く染み込むような楽曲をガットギターと歌、そしてクラリネットで表現します。

進藤宏希(しんどうこうき)
【プロフィール】宝塚生まれチャゲアス育ち、あるきっかけで中二の夏から狂ったように曲を作り始める。
静かに色んなものに触れては失って、現在は本人曰く「食うためじゃなく生きるために歌っています」
見た目が豆に似てると言われている。

 
ひらやまやすし
ミュージシャン。詩人。
名古屋を中心に活動中。
笑ったり泣いたり拗ねたり調子に乗った
りくるくる変わる色んな気持ちの表情と
その向こうがわにあるものを歌ってます。


12月8日(日) ライブ 19:30~ 2000円
   オグラ(インチキ手廻しオルガン)&ジュンマキ堂
 

オグラ(インチキ手廻しオルガン)
日本インチキ廻しオルガン界の草分け的存在。1965年生まれ。高校生の頃聴いた友部正人の歌に驚愕。1985年より青ジャージ、800ランプのVoとしてバンド活動。2002年自作の「インチキ手廻しオルガン」を廻しながら歌うスタイルでソロへ転向。「音楽とは回転である」という持論のもと独自の路線をつらぬく。またチンドンユニット、ジュンマキ堂(exかぼちゃ商会)との相性も好評。唱歌、戦後歌謡などを歌い、老人介護施設にも出演。テレビCM曲、盆踊り、ミュージカル音楽なども手がける。最新アルバム『不思議な遊び場』発売中。
●オフィシャルHP『オグラのヒミツ』http://ogurarara.com
『不思議な遊び場』MV
https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=qDGq2GMfP6M
廻せ!廻せ!
music partyより
https://m.youtube.com/watch?v=4nT8pbQukc8


12月10日(火) ライブ 19:30~ 詳細未定
  某ゆきの(vo,g)
 


1213日(金) ライブ 19:30~ 1000円
  坂田トリオ [puyo(as) 新井田文悟(b) 坂田こうじ(ds)]

    ゲスト うかきょん(acc)
 


12月14日(土) ライブ 19:30~ 1500円
  「+One = Trio」
   木全摩子(Dr.)
   鈴木茂流(Elec.Bass)
    ゲスト 観音玉 藤井(Reeds)
   
木全、鈴木のドラムとベースのセクションに、毎回ゲストを迎え、トリオという既成のフォーマット(音楽のやり方も含め)の中で、自由に即興をやります。
ある意味、人間というもの、縛りがないと自由という概念もなくなるということですね、
まあ、この世に生きること自体が縛りとも言えますが、、、
この日の+Oneゲストは、以前から気になってたこの人、
観音玉 藤井(Reeds)です。


12月15日(日) ライブ 2階開場18:30 開演19:30 詳細未定
  
扇田裕太郎(vo,g)
 
扇田裕太郎プロフィール
(シンガーソングライター/ギタリスト)
80年代後半ロンドンのサイケデリックシーンでロックギターに目覚め、帰国後は数々のバンドで活動。近年は木暮”shake”武彦(レッドウォーリアーズ)らと原始神母(ピンクフロイドトリビュート)を結成、FUJI ROCK FESTIVAL、プログレッシブロックフェス、JOIN ALIVE、アラバキ・ロック・フェスなどに次々と出演、海外からも注目を集める。氣志團トミー&ザ・ボンヤスキーズ、The Day Sweet(ザ・スリル、ex米米CLUBの多田暁とのユニット)、佐野篤率いる宇宙ロックバンドKINGでの活動、大橋隆志(聖飢魔II)や白浜久(ARB)のサポートでも知られる。2016年ソロミニアルバム「I AM」をリリース、シンガーソングライターとして活動開始。2017年音楽プロデューサーとして「冨田麗香/夢のかけら」、「冨田麗香&ザ・ローリングジプシーズ/LIVE LIFE ALIVE!!」をリリース。冨田麗香でFUJI ROCK FESTIVAL、台湾メガポートフェスティバル、朝霧JAM出演。2019年、英国を代表するキーボード奏者モーガン・フィッシャー(モット・ザ・フープル、元Queenツアーメンバー)とNANKER’S BEST結成。


12月17日(火) ライブ 詳細未定
  ビト
 
独特の動きをしながら、独特の声で歌う。それが、流れるように出てきて、聞くものに入り込む。心地よくなってくる。そんな不思議な魅力を持った人だ。


12月21日(土) ライブ 19:30~ 2500円
  伊藤史和(g)+臼井康浩(g) DUO
   ゲスト 知壽保(ちずほ)尺八

https://www.facebook.com/events/1334976806664662/

  
なんとレアなコラボだろう!ボサノバなどのブラジル音楽、ジャズ、オリジナル等ジャンルを超えた多彩な活動を行う伊藤史和、即興を中心に国内外で精力的に活動する臼井康浩が、お互いのオリジナルと即興音楽、気ままに音を発し、その場で作られていく世界にきっと引き込まれます。

伊藤 史和 いとう ふみかず
1967年生まれ 三重県桑名市出身、名古屋市在住。
14才の頃ギター始め、精力的にバンド活動を行う。
アン・ミュージック・スクール京都にて3年間ジャズの基本を学び、 卒業後は数々のジャズ演奏の経験を積む。
30代半ばから、ボサノバをきっかけに深くブラジル音楽に傾倒するようなり エレキギターから指弾きによるクラシックギターを使った演奏スタイルに変化していく。
2012年に本場ブラジルにてショーロ音楽の研鑽の旅をする。
癒しと情熱を併せ持つ独自のスタイルにファンも多く、現在も数多くのライブをこなしながら演奏に磨きをかけている。
ギター講師として、後進の育成にも力を注ぐ。
臼井康浩 (guitarist, composer,producer)
名古屋在住で国内外で即興演奏を中心に越ジャンルで活動するギタリスト。即興を音楽の源点と捉えて、年間100本前後のライブを行う。舞踏、書家、詩人、画家 らとの異ジャンルコラボも積極的に行い、近年は即興演奏する際の考え方であるインプロ思考法という独自のアプローチも発信している。http://usui-yasuhiro.com



12月22日(日) ライブ 19:30~ 2500円
  佐藤幸雄(vo,g)

  細馬宏通
 



12月28日(土) ライブ 19:30~ 詳細未定
  
菖蒲谷徹(key)
  藤井知之(sax)
  鷲見雅生(b)


12月29日(日) ライブ 2階開場18:30 開演19:00 2500円
  『歌い締め2019』
   キシモトジュンイチ(vo,g)
 
2019年も大変お世話になりました。今年の歌い納めも名古屋でします。たくさん歌ってたくさん笑ってたくさん呑んで、令和の元年を締めくくりたいと思います。ぜひともお越しくださいませ。


2020年


1月8日(水) ライブ 19:30~ 予約2500円 当日3000円
  
Trio Oddball
   渡辺隆雄(tp)
   臼井康浩(g)
   ハセタク(per)

 
空駆けるメロディー大地を揺さぶるリズム~ブラジルとロックが 激しく交わる場所 ブラジルのリズムを取り入れつつ、独特の編成でロックする熱く激しいインストトリオ。”



1月17日(金) ライブ 19:30~ 2000円
  ナベジ(vo,g(スランキーサイド)
 
ナベジさん、しっかりとした声とギターで足腰の強い演奏。迷いみたいなのがなくなって、押してくるのがいい。観客も大盛り上がり。いいライブの証だし、それによってまたいいライブになっていく。


1月18日(土) ライブ 詳細未定
    森 香(vo,g)
   竹内一成(vo,g)

 



1月25日(土) ライブ 19:30~ 詳細未定
  足立明彦[リメ](vo,g)
 
1963年生まれ
theバーナムのヴォーカリスト。
バンドと並行して対極的なソロワークスを2017年よりスタートさせた。独自のシュールな歌世界を展開中。


2月7日(金) ライブ 詳細未定
  ワタナベマモル


2月9日(日)
 ライブ 詳細未定


2月29(土) ライブ 詳細未定
  青木マリ
  出鱈目楽団


3月20日(金・祝) ライブ 詳細未定
  ELK