nanya   イベント     

ライブは、、人数に制限をかけて、やっていきます。
 
1、マスクの着用をお願いいたします。
 2、ご入場時のアルコール消毒をお願いいたします。検温にご協力ください。
 3、ご来店時に連絡先のご記入をお願いいたします。
 4、定員は15名とさせていただきます。
 5、体調のすぐれない方は、ご入場をご遠慮ください。またの機会にお願いいたします。


テイクアウトも引き続き行っていきます。テイクアウト受付電話は午後5時から午後10時まで。

どうぞよろしくお願いいたします。



   なんやでライブ・上映会・芝居などやってみたい方は、こちら

   過去の出来事を見たい方は、こちら



なんやでは、以下の催しが予定されています。

  ライブは2階で行われます。この時、1階は、通常営業をしています。
  ライブを知らずにお越しになり、ライブはいいや、という方も、お気軽に1階へお入りください。
  (通常営業ですが、ライブ中は、BGMはながれません。)

  レコードコンサートの表記のあるものは、なんやに流れる音楽の選曲をその方におまかせするもので、通常の営業と変わりません。
  無料です。(飲食代は、必要です。)普段と違った選曲を、お楽しみください。

 記載されている料金以外に、飲食代が別途必要です。

★予約受付方法: 公演前日までに、なんや052-762-9289まで電話で、または、メールnanyagokiso@wing.ocn.ne.jp 宛メールまたは メールでの予約をお願いいたします。イベント名とその日付、お名前と人数、連絡先をお知らせくださいませ。
(留守番電話へのメッセージの録音だけでは予約の成立になりません。また、なんやの電話はかけてきた方の番号が表示されませんので、こちらからかけなおすことはできません。メッセージの中で、明確にご自分の番号を録音された方には、こちらから電話いたします。)



2020年


10月30日(金) ライブ
 2階開場19:00 開演20:00 1000円
  『イカす!アイドルパラダイス』
   出演・鈴木陽一レモン、梅乃ジンタ、ももねさき、ゲスト: 雨宮優菜(秘密結社フローリス)
 
大阪の地下アイドル、ももねさき(さきそん)さんが世に問う!
「名古屋にオモロいアイドルおらんのけ??」
名古屋のドルヲタ、レモンとジンタが地元アイドルをプレゼン!
天国か地獄か怒涛のトークセッション…



10月31日(土) ライブ 19:30~ 投げ銭
  「音者・謳者~おとじゃ・うたじゃ~其の参」
   Blacky(voice)
   音のひと ゆうな
(篠笛 和太鼓 踊り)
 
篠笛、和太鼓、踊りを様々なアプローチで表現する才気溢れる音楽家「音のひと*ゆうな」。様々なジャンルを行き交うボーカリスト「Blacky」。この二人による 多彩でスリリングな行き先未定の音楽世界へようこそ。


11月1日(日) ライブ 19:30~ 3000円
  佐藤研二(cello)
  早川岳晴(contrabass)

  
この二人のベーシストを御存じの方ならば、この二人の組み合わせによる演奏が、とんでもなくおもしろそう、と思うでしょう。
佐藤さんは、ベースでなくチェロを、早川さんは、コントラバスでの演奏。何とも贅沢な夜だ!
この二人を御存じない方が見たならば、びっくりしてひっくり返ってひょん、てなことになってしまうよ!



11月4日(水) ライブ 19:30~ 3300円
  林栄一(as)
  小埜涼子(as)
  加藤雅史(b)
 
言わずもがな、の必見ライブ。今の日本を代表するアルトサックス奏者の二人に名古屋きってのベーシストが絡む。絶対、絶対、なライブ。


11月5日(木) ライブ 19:30~ 3000円
  幻一郎(vo,per)
  森 香(vo,g)
  樋口智美(vo,g)

 
幻一郎、パーカッションのみによる弾き語り。漫談とも言えるような歌詞で、笑える。パーカッションの出すノリによって小気味いい。強烈な九州人に対して、名古屋の強烈な二人が対抗。活きのいい行きっぱなしの樋口と、心に染みる歌が得意の森。


11月7日(土) ライブ 19:30~ 2000円
  NOUS(ヌース)[柳川芳命(as) 菊池行記(electronics) 小林雅典(g)]
 
2019年9月のスキヴィアスでのセッションを機に、ユニットとして活動することなったNOUS(ヌースと発音)。哲学科出身の菊池さんならではの命名である。以後、海月の詩、京都Zac Baranでギグを行い、今回で3回目になる。至近距離から鋭利に切り込んでくる小林のギター、周囲からノイズの火攻め、水攻めで城を陥落させる菊池のエレクトロニクス。音響の修羅場の中でアルトサックスが麗しく舞う。そんなイメージで鮮烈な音浴びをお楽しみください。


11月8日(日) ライブ 19:00~ 2000円
  80市民のつどい VOL.1
   森口しゅな(O.A)
   海洋天堂
   80市民

  
 


11月11日(水) ライブ 2階開場19:30 開演20:00 2000円
 『秋の宴‐ソロの夕べ‐』@名古屋/御器所「なんや」
  Act:
  ・ISAMU(詩の朗読/詩的表現)※O.A
  ・天麻音ひぃ☆(即興歌舞/ラブドラム)
  ・きゃんべる☆(vo,g)
  ・樋口智美(vo,g)
  《特別ゲスト》 ankaraise(vo,g※東京)
11月11日。
週の真ん中、水曜日。
1が4つの日。
通称、ポッキーの日。
改めて11月11日。
つまり良い(いい)月の良い(いい)日。
デビュー19周年を迎え20年目に突入のISAMUのデビュー20周年記念ライブ。
"歌って舞って脱ぐ神女"天麻音ひぃ☆。"現役保育士シンガーソングライター"きゃんべる☆。特別ゲストに本名の大嶺美香名義で女優として著名映画やTVドラマにも出演の彼女がバンド、シクスの解散を機にソロでankaraiseとして、なんや初登場。そして名古屋が誇る"女の情念"樋口智美。
魅惑的で素敵な女性出演陣。賑やかで華やかで煌びやかな一夜になる事請け合い。11月11日。それは、、、(含笑)

 
ISAMU 2001年夏、本格的に詩作開始。同年9月、『第1回 詩のボクシング愛知県大会予選会』にて初朗読。同年10月、同大会本戦@今池「得三」でデビュー。愛知県内各地を始め岐阜県、三重県、東京、大阪で詩の朗読、詩的表現でライブ活動。かつて言葉ズーカ他、様々なライブイベントを開催の一篇入魂型朗読詩人/詩的表現者。
 天麻音ひぃ☆ ラブドラム弾き語り×ルーパー奏。オリジナルの世界観溢れるパフォーマンスを繰り広げる。
 きゃんべる☆ 普段は保育士として働きながら音楽活動をしている保育士シンガーソングライター。
"人と人との繋がり"を大切にし愛知を中心に活動中。
最近では尾張ヤングジャンボリーの一員としても活動をし、地元への思いをメロディーに載せている。
"歌声やギターは他の人に負けても思いを伝える気持ちは誰にも負けたくない"
そんな気持ちがあり、歌詞は分かりやすく1曲1曲の思いをストレートに伝えている。

 
樋口智美 70年代の歌謡曲やフォークを彷彿とさせる昭和の匂いがする弾き語り。女性ならではの心情をあるときは激しく、あるときは切々と、「女の情念」をテーマに唄う。
 
ankaraise ユニークな言葉とメランコリックなメロディで、誰をも非日常のアンニュイな世界へ導くソロユニット。
一方、シクスシクスというユニットでも活動。毎回限界に達するパフォーマンスは正にサーカスのようである(残念ながらシクスシクスは2020.8.29で解散となるが)
他に映画版『私立探偵 濱マイク』シリーズでは主人公の妹「茜」役を演じた。現在はフリーで役者活動を大嶺美香の名で行う。
 


11月12日(木) ライブ 19:30~ 2000円
  ナカヒラ ミキヒト(vo,g)
  かいとかいだ。[甲斐ヒロシ(vo,g)+かいだむつみ(acc)]
  
ナカヒラミキヒト
味わい深いオリジナル曲と、独自の解釈でアレンジされたカバー曲を交えて、一度聴いたら忘れられない鋼の唄声とともに独特な世界を表現するシンガーソングライター。
都内のバーを転々としてきた後、現在はオリジナル曲を中心に弾き語りやバンド編成にてバーやライブハウス、ギャラリー、舞台やストリップ小屋などでも活動中。
芝居、踊り、映像、絵画、造形など様々なアートとのコラボレーションによる表現活動もおこなっている。
2012年に「夜の囚人」を、2015年に「夜明けの晩」をリリース。
《Facebook》https://m.facebook.com/mikihito.nakahira
《YouTube》https://m.youtube.com/watch?v=nVviogCfRvs

かいとかいだ。
・ 甲斐ヒロシ
等身大の真っ直ぐな言葉と旋律をギターで弾き語るソングライター
・かいだむつみ
音楽ジャンルに囚われず、独自のスタイルで進化し続けるアコーディオン奏者
異色のふたりがタッグを組み、現在は愛知県を拠点にライヴ活動中


11月13日(金) ライブ 2階開場19:00 開演19:30 2000円
  『秋の宴‐デュオの夕べ‐』@名古屋/御器所「なんや」
  ・ISAMU(詩の朗読/詩的表現)※O.A
  ・あまねすキョン(天麻音ひぃ☆(即興歌舞/ラブドラム)&うかキョン(acc※第8旅団))
  ・雪月花(朱音(作曲/ギター)&紀子(作詩/朗読)※東京)※ゲスト
  ・HitomiKanda(performance)&puyo(as)

11/11(水)に開催のライブ『秋の夕べ-ソロの夕べ-』の連動企画、第二弾!第一弾のソロの夕べに続けて今回はデュオの夕べ。
企画者ISAMUによる一篇入魂朗読と詩的表現。
puyoのサックスとHitomi Kandaによる身体表現、パフォーマンスとの即興性高い絶妙なコラボレーション。天麻音ひぃ☆と第8旅団(acc)うかキョンの妖精のようなデュオ、あまねすキョン。特別ゲストに昨年9月、東京から来演、衝撃的な、なんや初登場となった"演読ユニット"雪月花。
これまた凄い一夜に。
想像するだけで今から身震い、武者震い。
乞うご期待!

 
ISAMU 2001年夏、本格的に詩作開始。同年9月、『第1回 詩のボクシング愛知県大会予選会』にて初朗読。同年10月、同大会本戦@今池「得三」でデビュー。愛知県内各地を始め岐阜県、三重県、東京、大阪で詩の朗読、詩的表現でライブ活動。かつて言葉ズーカ他、様々なライブイベントを開催の一篇入魂型朗読詩人/詩的表現者。
 
あまねすキョン ラブドラム弾き語り×アコーディオンのデュオユニット。天麻音ひぃ☆オリジナル歌に即興的に乗せられるアコーディオンの調べ。天麻音ひぃ☆ ラブドラム弾き語り×ルーパー奏。オリジナルの世界観溢れるパフォーマンスを繰り広げる。うかキョン 第8旅団のアコーディオン担当。第8旅団の沖てる夫、石丸Qのユニット、沖石丸にゲスト参加。ソロではピアノ弾き語り。東海、関西を中心に活動中。
 雪月花(せつげっか) 2016年結成。演読=演奏×朗読×演じる。紀子(朗読・詩作)、朱音(ギター・作曲)による詩と旋律の二重奏。 朱音 2007年から都内のライブハウス・ライブバーを中心に活動。 あらゆる音楽ジャンルをギター一本で表現し、 歌謡的旋律、耽美的”和言葉"を操る、 変幻自在の独演家。 貴方の心を、斬るも愛すもあたし次第。紀子(作詩/朗読) 十代より詩を書く。描くのは一番小さな物語の世界。ミュージシャンやダンサーなど他ジャンルのアーティストとのコラボ多数、言葉の世界を広げる。雪月花では、心の中のドロリとした澱を詩とギターでお届け。
 Hitomi Kanda&puyo Puyoのサックスが低く高く唸りHitomi Kandaの身体に沁み渡り共鳴が起こる。それは空間を震わせ伝い増幅され視るものの内部へと入り込みやがて…!
higher!
あたらしい景色が見たくて
その向こうに行ってみたくて
あたしは今日もウズウズして
情動に突き動かされるんだ
サックスの音色があたしに刺さるんだ
higher!
いっしょに行こうよ
ねえ
 


11月14日(土) レコードコンサート 18:00~翌1:00 無料
  夢の M F アワー 「音でつづるタペストリー」
    選曲 : MOCHA Mr.F

めくるめく楽曲旅ー洋の東西かけめぐり。
人は曲に救われ、曲に堕ちてゆく。生かしもすれば、殺しもする。ソレ、「やさしく殺して」ロバータフラック。
居ながらにして色んな旅をしましょう。盤士はモカとエフ。光栄です。よろちくね。Let's get together tonite!
  


11月15日(日) ライブ 19:30頃~ (ノーチャージ、投げ銭、要オーダー)にてお気軽にどうぞ!
  「東西南北」ワンマンライブ [石原豪(vo,g) 清水正彦(g) 大原俊之(woodbase) サニー(カホン)]
    ゲスト: あやみチャーミング(蟻地獄天国から)
         
赤瀬淳一(key)
 
なんやの木に囲まれた壁に跳ね返るアコースティックサウンドを是非とも!


11月17日(火) ライブ 19:30~ 3000円
  
シドバレットを唄う会
   橋本じゅん(g,vo)
   野口新 (g,vo)
   辰巳光英(tp)
   松井智恵美(デジタルライブペインティング)

 

 


11月18日(水) ライブ 19:30~ 前売2500円 当日3000円
  SARAH from大阪 1STCD「CHERCHER」
  鳥海 涼子 from東京 2NDCD「COLORS」  発売記念LIVE

   SARAH(vo) http://sarah-sing.com
   鳥海 涼子(accod) https://ryoko-toriumi.com
   岸田 コーイチ(vo・g) https://www.facebook.com/岸田コーイチ-101672574891146
 
美しさの中に潜む甘い毒
そんなシャンソンをあなたに


11月19日(木) ライブ 19:30~21:30 1000円
  2時間耐久セッション
    ホスト 新井田文悟(b)
海月の詩にて行ってきた即興音楽のセッションを此処なんやにてやります!
即興演奏に興味有る方、好きな方、是非ご参加ください!

 



11月20日(金) ライブ 19:30~ 予約3000円 当日3500円
   渡辺隆雄Trumpet
   早川岳晴Contrabass

 
超一線級のトランペットとウッドベースがいろんな曲を演奏。コード楽器がないという異例な組み合わせなのに、それをおもしろさに変えてしまうところが凄い。ふくよかな音、刺激的な音、小気味のいい音、凄味のある音を聞こう!!!ワクワクドキドキ!
 


11月21日(土) ライブ 19:00~ 2500円 15名限定
  モンスターロシモフ
 
 


11月22日(日)は、臨時休業です。よろしくお願いいたします。


11月23日(月・祝) ライブ 19:30~ 2500円
  華村灰太郎カルテット  [灰太郎:うたギター  今福知己:ベース  つの犬:ドラムス  高岡大佑:チューバ]
 
なにが欲しいって?
自由!
たとえ幻であったとしてもね。
心にどうしたって湧き上がってしまう、あの感覚!
これだけは、手放せないっ!

歌ってる瞬間瞬間はギリギリなんだ。崖っぷち。
俺ひとりに演れることなんて限られてる。

ところが、一緒にいる三人!
つの犬!今福!高岡!
アイデアの宝庫!宝箱!

そんなリズムと音色が聴こえてきたら、そこはもはや崖っぷちじゃなくて滑走路なのさ!
助走もなしに、飛べばいいんだ。

心よりお待ちしております!
(華村灰太郎より)


11月25日(水) ライブ 19:30~ 2500円
  鮭オーケストラ(vo,g)
  森 香(vo,g)
鮭オーケストラ君、勢いを作っていく。勢いに乗ってガンガンやっていくんだけど、よく聞くと、しっとりとしたいい曲が多い。よく聞くと、声も良く出ているし、ギターもうまい。自分では「旅芸人」といっているな。でも音楽家だな。対バン相手には、心の声の歌い手、森香。とてもいいライブが続いている。
  
鮭オーケストラ 旅芸人。家持たず日本全国を軽自動車で車中泊しながらグルグル回るドリフター。ライブハウス・バー・居酒屋・スナック・民家…呼んでくれたらどこでも行きます。現在日本のどこかでほぼ毎日ライブパフォーマンスしてます。その日の銭を稼ぐため…
 森香


11月26日(木) ライブ 19:30~ 2000円
  石渡岬(tp)
  坂田こうじ(ds)

  
石渡岬(tp)&坂田こうじ(dr)のありそうで無かったデュオ、初演。テーマを持つ楽曲や即興演奏など、コードレスで解き放たれた縦横無尽さに門限などは無く、ひょっとすると家出をし、忘れた頃に「ただいま」なんてこともあるかも。そして旅先では激しく、時に優しく「何か」を描いてまいります。ちょっぴり意外な選曲もあるかも!どうぞ宜しくお願いします。
 


11月27日(金) ライブ 19:30~ 2000円
  スカンクちかの(vo,g)(横浜)
  進藤宏希(vo,g)
  
マサ・タケダ(vo,g)(大阪)+中野恭子(fl)

久々のなんやさんです♪
コロナで一回延びた分、思い切ったブッキングにしてみました。今年最後の名古屋ライブになります。このご時世がいつ落ち着くのかまだまだ予断を許しませんが、予約をして遊びに来てほしい!
パーっとやりましょう!
ぱーっと!
 スカンクちかの ソロで歌い出していつの間にやら15年、ビールを飲みながらリゾネイタをかき鳴らし、酒の歌やフラれ歌を日本語で歌っています。

 
進藤宏希 宝塚生まれチャゲアス育ち、あるきっかけで中二の夏から狂ったように曲を作り始める。
静かに色んなものに触れては失って、現在は本人曰く「食うためじゃなく生きるために歌っています」
見た目が豆に似てると言われている。

 マサ・タケダ+中野恭子 ジャズやブルース、フォーク、カントリー等アメリカンルーツミュージックを愛好しGibson ES-125を愛用する西宮生まれ大阪在住のシンガーソングライター。
全国年間150本以上のライブを行い、各地で「マサのライブはお酒が進む」と絶賛される。マサ自身が尊敬する吾妻光良、有山じゅんじ、長見順、オレンジカウンティブラザーズ飯田雄一とも共演し、各ファンからも評価を受ける。



11月28日(土) ライブ 2階開場18:30 開演19:00 予約3000円 当日3500円 15名限定
  山田晃士 独り舞台巡業 『サロン山田』
問/なんや 052-762-9289
〇予約:なんやのみで受付 11/1(日)10:00~受付開始 nanyagokiso@wing.ocn.ne.jp(以前のメールアドレスから変更になっています。)
11月3日以降は電話でも受付
 


11月29日(日) ライブ 19:00~ 予約2500円 当日3000円
  
Trio Oddball
   渡辺隆雄(tp)
   臼井康浩(g)
   ハセタク(per)

 
空駆けるメロディー大地を揺さぶるリズム~ブラジルとロックが 激しく交わる場所 ブラジルのリズムを取り入れつつ、独特の編成でロックする熱く激しいインストトリオ。


12月4日(金) ライブ 19:30~ 2000円
  野口UFO義徳(djembe)
  石渡岬(tp)

 



12月5日(土) ライブ 19:30~ 投げ銭
  『三人会2020・冬 イマイ"angel"トモハル×谷向柚美×みつひろかつとし』
   イマイ"angel"トモハル(vo,g)
   谷向柚美(vo,key)
 
  みつひろかつとし(vo,g)

各々フロント又はリーダーを務めるバンドに所属しておりますが今回はソロで集います。
三人寄れば文殊の知恵
何が飛び出すかは当日のお楽しみ

 
イマイ"angel"トモハル
釧路公立大学軽音楽部出身
名古屋で活動するバンドSKYLARKING、Gazpachosで
ギターと歌を担当
ソロ活動を始動
いま弾いてみたい曲を弾く
カモナマイハウススタイル
谷向柚美
名古屋芸術大学音楽学部声楽科卒業。
在学中JAZZに心を奪われ、国内外でジャズを学び活動を始める。「声」という楽器の可能性にチャレンジし、即興演奏を始め、ソングライティングしているリーダーバンド「Flux and Flow」1st.アルバム「A White Egret」を2016年9月に全国リリース。その他、様々なユニットでライブ活動を広げる。
みつひろかつとし
ソロ活動はもちろん、ジャイブやデキシーなど、古き良き時代の音楽を愛する弾き語りシンガー。ギターやバンジョーを片手に、イベントやお祭りステージを飛び回ります


12月6日(日) ライブ 2階開場19:00 開演19:30 2000円 15名限定(要予約)
  
イッツ・ロック -男達の晩餐歌-
   ISAMU(詩の朗読/詩的表現)
   元橋たいぞう(Vo,g)
   Mr.F(1人唄い)
   石川橋万太郎(Vo,g)

 
今迄、なんやでは一年を通して幾多の華やかで魅惑的な女性アーティスト達が出演して来たISAMU企画。
だが、年の瀬、すっかり冷え込むであろう12月は熱い暑苦しい蒸さ苦しい男臭い顔触れで熱き空間に。
全身からロックのオーラが放たれている石川橋万太郎。
ロックを基盤とした幾多、多彩なバックボーンで精力的に歌い続ける元橋たいぞう。
今池のロック、パンクの重鎮、獣人?怪人?大御所のMr.F。
表現形態は詩の朗読/詩的表現も元を辿れば30数年ロック、パンクをこよなく愛すISAMU。
3人に共通するのは身体に染み付いてるのはロック、ロックンロール。
この男達3人が歌う、叫ぶ、男達の晩餐歌。
12月6日
126(イチ、ニ、ロク)
これぞまさしくイッツロック!


12月12日(土) ライブ 19:30~ 詳細未定
  草莽妖艶奇音祭
   三浦史洋スペシャルロマンチックバンド [三浦史洋(vo,g)+ひだかひとみ(vo,g)+puyo(as)+G子(vo,g)+中西健雄(per)]
   他


12月13日(日) レコードコンサート 18:00~翌1:00 無料
  夢の JF アワー 
    選曲 : Mr.F
 Jonny 
 
 
美人(つーより超キャワイイ)妻、ジョニーと、鬼畜生白濁眼クソヤロウ、エフ。
昭和の激しい部分、平成の熱い想いも届けたい、痛快バカ受け音巡りの旅。
洋の東西、南北、ボーダー一切おかまいなし! 是非!
幸せあふれるJFアワーへ? (F)


12月14日(月) ライブ 2階開場18:30 開演19:00 2500円
  伊藤史和(g)
  助川太郎(g)

 
この共演は聴き逃せません。ここなんやでもお馴染み名古屋のギタリスト伊藤史和が、東京からブラジル音楽を中心に、ジャンルを超え多岐にわたって活躍するギタリスト助川太郎氏を迎えて、それぞれのsoloや絶妙なギターアンサンブルが繰り広げられます。


12月16日(水) ライブ 詳細未定
  トオルコハ゛ヤシ(vo,b)
 
トオルコバヤシ
ヘ゛ース弾き語りシンカ゛ーソンク゛ライター。
全国各地へ行き、ライフ゛ハウスや野外フェスのみならす゛、カフェやハ゛ー、居酒屋なと゛歌わせてもらえる所か゛あれは゛何処へて゛も歌いに行く。
旅のこ゛縁て゛CMタイアッフ゜やイメーシ゛ソンク゛なと゛も手か゛けなか゛ら活動を続けている。
ヘ゛ースという音数の少ない楽器に持ち前の柔らかい声て゛誰か一人て゛も共感してもらえる歌を歌いに、ヘ゛ース一本て゛全国を旅するシンカ゛ーソンク゛ライター。



12月17日(木) ライブ 19:30~ 2000円
  某ゆきの(vo,g)
 
元気をたくさん持ってきてくれる人で楽しい。ライブもそれ以外も、いるだけで華やかになる。このご時世、やる方も見る方も店も、必死だよな。ワンマンで、たっぷりとたくさん聞けるよ。たくさんやるだけの力はあるし、たくさん聞いたほうが、良さがよくわかる。巣ごもり中に作ったという物販もいっぱ~い!


12月18日(金) ライブ 19:30~ 投げ銭
  Aco*ouch‼︎!(アコアウチ)[昌山登世史(ag)高田知也(b)近藤久峰(per)]
 
ガットギターとアップライトベースにカホンセットのアコースティックトリオ。予定調和を避け、破壊と構築のぐるぐるループをモットーにouch‼︎! なサウンドでお送りいたします。


12月19日(土) ライブ 19:30~ 2000円
  ダグ伊藤(key)
  坂田こうじ(ds)
 



12月20日(日) ライブ 19:30~ 2000円
  MOJO石田(大阪)
  元橋たいぞう(vo,g)
  小向定

  
 
MOJO石田 愛と憐れみの町・大阪西成は難波屋を拠点ににオールドタイムな唄などを、ダサい替え歌(日本語カバー)で弾き語る、酒場の唄うたいMOJOです。

小向定(こむかいさだむ)1970年生まれ 愛知県在住 シンガーソングライター きれいな川と風が好き


12月22日(火) ライブ 詳細未定
  詩野(vo,key)
   
【詩野】
富山在住ピアノ弾語り
東京での音楽活動を経て、現在は富山石川を中心に全国でライブを行う。2017年ファーストミニアルバム「owl owl」発売。ノデウタウ 名の通り 飾らず力強い言葉でウタうことがモットーだが、飲み過ぎるのがタマに傷。



12月26日(土) ライブ 19:30~ 2000円
  
「曲線carve 6」
  サイン加藤(パフォーマンス)
  Blacky(voice) 
 
ベテランパフォーマー サイン加藤とジャンルを飛び交うボイスBlackyによる不思議な即興世界へお招き致します。


2021年


1月9日(土) ライブ 詳細未定
  びわこノイズサミット [小松バラバラ(voice)+Edge Minami(A.Sax.)+トタニハジメ(fretless bass)]

 
びわこノイズサミット
即興という最大公約数をもとに滋賀の地で集まった3人が、それぞれの引力でスイングバイされて加速、または衝突の轟音を響かせる、または穏やかなしじまを生む。
縷々綿々と変化を続ける水のごとき音と、惑星が生まれる際に発した音を、人為的に会合させる試み。
聞いた後、存在が音とともにあることを祝福したくなる、そんな音楽集団です。



1月16日(土)ライブ 19:30~ 2000円
  FISSIONレコ発ライブ
   武藤祐志(g)
   木全摩子(ds)

 
ジャズ・ロック・メタル・プログレなどさまざまなジャンルのバンドに参加しているギタリスト武藤祐志のインプロduoアルバム第二弾。
メタルコアからインプロにフィールドをシフトさせたツインペダルドラマー木全摩子とのアグレッシブかつワイドレンジなユニットFISSIONのアルバム発売記念ライブ名古屋編!



1月17日(日) ライブ 2階開場18:30 開演19:30 2000円 詳細未定
  ナベジ(vo,g)
  
ナベジさん、しっかりとした声とギターで足腰の強い演奏。迷いみたいなのがなくなって、押してくるのがいい。気持ちがグッと入ったライブを展開する。



1月23日(土) ライブ 19:30~ 2500円
  森 香(vo,g)
  白根キヨマロ(vo,g)
  
全ての命は皆平等というコンセプトをパンクな風態と所作で表現する男。しかし、巧みで繊細な言葉で叫ぶ、いや唸る、いや、吠える。。。。ありとあらゆる声を発するがそれは見事に音楽の神に愛されていることがわかる。傑物である。森香の嫉妬を一身に浴びて登場。そして、心をえぐる森香の歌も楽しみに。(森)


2月2日(火) ライブ 詳細未定
  Mr.F
  音のひとゆうな
  ISAMU
  MOCHA



2月11日(木・祝) ライブ 詳細未定
  菖蒲谷徹


3月6日(土) ライブ 詳細未定
  ISAMU