nanya   イベント     


         なんやでライブ・上映会・芝居などやってみたい方は、こちら

         過去の出来事を見たい方は、こちら



なんやでは、以下の催しが予定されています。

   ライブは2階で行われます。この時、1階は、通常営業をしています。
   ライブを知らずにお越しになり、ライブはいいや、という方も、お気軽に1階へお入りください。
   (通常営業ですが、ライブ中は、BGMはながれません。)

   レコードコンサートの表記のあるものは、なんやに流れる音楽の選曲をその方におまかせするもので、通常の営業と変わりません。
   無料です。(飲食代は、必要です。)普段と違った選曲を、お楽しみください。

  記載されている料金以外に、飲食代が別途必要です。

★予約受付方法: 公演前日までに、なんや052-762-9289まで電話で、または、メールnanyagokiso@wing.ocn.ne.jp 宛メールまたは メールでの予約をお願いいたします。イベント名とその日付、お名前と人数、連絡先をお知らせくださいませ。
(留守番電話へのメッセージの録音だけでは予約の成立になりません。また、なんやの電話はかけてきた方の番号が表示されませんので、こちらからかけなおすことはできません。メッセージの中で、明確にご自分の番号を録音された方には、こちらから電話いたします。)



2020年


4月5日(日) ライブ 19:30~ 投げ銭
  ふんわか即興ライブ 
眼我真(vo,g) 前演/司会: ISAMU(詩の朗読/詩的表現/司会) 出演できなくなりました。このため、以下のように変更いたします。

 タナカえん企画『タナカえんの独えんかい』
   
タナカえん(身体表現)

 
あぁ、偶然にも必然にも出会ってしまったこのふたり。
誰が未来を予測できようか、このふんわか即興ライブイベント。
ナンのこれしき、ふんわかしたふたりに
ピリリとパンチとチョップとしっぺの効いた即興表現をつけて
どうぞご堪能くださいませ。


眼我 真(vo,g):
僕は特に何もありませんが、趣味は魚釣りのギター弾きとでもしておきましょうか
タナカえん(身体表現):
タナカは踊ってるんじゃない、動いてるだけだ。
テンポンコラリーじゃない
即興の身体表現だ

ゲスト司会 ISAMU(司会/詩の朗読):
一篇入魂型詩人/詩的表現者


4月6日(月) ライブ 19:30~ 2000円
  ナオユキ
 
ナオユキさんは、こみあげるおもしろさがある。川柳を立て続けに聞く感じ。じっくりと気軽に楽しみましょう。


4月7日(火) ライブ 19:30~ 投げ銭(金額が変更になりました。)
  Gato Libre [田村夏樹(tp) 藤井郷子(acc) 金子泰子(tb)](Gato Libre 出演がキャンセルされました。)
  
泉邦宏(as,etc)+臼井康浩(g)(こちらに変更になりました。)(泉邦宏、出演がキャンセルされました。)

このため、以下のように変更になります。
  ヨルニナ 公開レコーディング 要予約 限定5人
ご予約:info@usui-yasuhiro.com(臼井)まで
当初予定しておりました、ガトーリブレは延期、泉邦宏&臼井康浩は中止となりました。

 


4月8日(水) ライブ 19:30~ 1500円(金額が変更になりました。)
  本間章浩(vo,g)(出演がキャンセルされました。)
  樋口智美(vo,g)
  ライクアチワワ
(新たに加わりました。)
   
本間章浩
1962年生まれ
「赤と黒」のギターとして1990年代メジャーデュー!
2000年代、自身のバンド「King Biscuit Time」の活動を開始、2009年からアコースティックのソロ活動を開始、以後「NICKEY&THE WARRIOR
S」、「KING BEE」(From博多)にギターとして加入、脱退、現在ソロ、バンドで年間200本以上のライブを全国で展開中です!


4月9日(木) ライブ 2階開場19:00 開演19:30 投げ銭投げ放題!(このライブは中止(延期)となりました。)
  
みそガンボお座敷歌謡ショー!スペシャルゲスト 加藤知香
   みそガンボ [みつひろかつとし(ボーカル&バンジョー)照喜名俊典(チューバ&ドラム)]
    スペシャルゲスト加藤知香(ボーカル)
ニューオーリンズ名物の「ガンボ」が名古屋にやってきたからみそガンボ。
古き良き時代のデキシーミュージックを日本語で、ゆる~くしぶ~くお届けします。今宵はスペシャルゲストにボーカリスト加藤知香を迎えて華やかなステージをお届けします!
ご予約:tterukina@gmail.com(照喜名)


4月10日(金) ライブ 19:30~ 1000円(このライブは中止となりました。)
  
坂田トリオ [puyo(as) 新井田文悟(b) 坂田こうじ(ds)]
   
ゲスト: 小林雅典(g)
 

「さて、どうでしょう。」 PUYO(sax)新井田文悟(bass)坂田こうじ(drums)からなる"sakata trio"。「なんや」にて隔月の即興演奏をミルフィーユの如く演り重ね、じわりじわりと面白い存在へと変貌を遂げつつあります。本年度最初のゲストには”sakata trio”二度目の登場となる小林雅典(guitar)さんを招き、見果てぬ着地点へと彷徨います。コロナや花粉に負けないライブを演ります。花見がてらに是非どうぞ!(坂田)


4月11日(土) ライブ 19:30~ 2000円(このライブは中止となりました。)
  Frederik Leroux (バンジョー)
  
Ruben Machtelinckx(バンジョー)
  臼井康浩(g)
世界的にも珍しいアバンギャルド系でバンジョーを使うFrederik LerouxとRuben Machtelinckx が2年ぶりに名古屋にやってくる。倍音豊かな楽器の特徴を生かしたプリペアドバンジョーの音の共鳴の深さ、アコースティック楽器ならではの響きを最大限に活用するという感性がとても素晴らしい!! 金属音とエフェクト、打楽器的な要素も取り込める可能性ある楽器という視点を鋭く追及して独自な美ぢいサウンドが聴けます。私もいろいろな刺激がもらえます。(臼井)



4月12日(日) ライブ 19:30~ 2500円(このライブは、9月6日(日)に延期となりました。)
  早川岳晴(b)ソロ
 
ベースだけのソロで、1時間半以上のライブを構成する技の持ち主は、そんじょそこらにいるわけではない。聞かせるだけの技巧が必要だし、一気に持っていく感情も必要だ。それと、経験も必要なのかもしれない。早川さん、ベースでのソロ演奏が、板にばっちりついていて、伸び伸びとしていて、鮮烈。


4月14日(火) ライブ 19:30~ 2000円(このライブは中止(延期)となりました。)
  
鮭オーケストラ(vo,g)
  
某ゆきの(vo,g)
 
鮭オーケストラ 旅芸人。家持たず日本全国を軽自動車で車中泊しながらグルグル回るドリフター。ライブハウス・バー・居酒屋・スナック・民家…呼んでくれたらどこでも行きます。現在日本のどこかでほぼ毎日ライブパフォーマンスしてます。その日の銭を稼ぐため…
 
某ゆきのさん、この週は2回ライブやるぞ!まずは、1発目。謎の対バン相手に、ぶちかますぞ!2発目は、土曜日、なんや初ワンマン!毒を食らわば皿まで、じゃあ!徹底的にやる!


4月16日(木) ライブ   500円 詳細未定
   『言影 Co-cage』
    鈴木陽一レモン
    輝SuRGE
    【件-空断-】
    きんちゃん/金沢

 




4月17日(金) ライブ 19:30~ 2500円
  伊藤史和(g)+臼井康浩(g) DUO
   ゲスト 知壽保(ちずほ)尺八
  
なんとレアなコラボだろう!ボサノバなどのブラジル音楽、ジャズ、オリジナル等ジャンルを超えた多彩な活動を行う伊藤史和、即興を中心に国内外で精力的に活動する臼井康浩が、お互いのオリジナルと即興音楽、気ままに音を発し、その場で作られていく世界にきっと引き込まれます。

伊藤 史和 いとう ふみかず
1967年生まれ 三重県桑名市出身、名古屋市在住。
14才の頃ギター始め、精力的にバンド活動を行う。
アン・ミュージック・スクール京都にて3年間ジャズの基本を学び、 卒業後は数々のジャズ演奏の経験を積む。
30代半ばから、ボサノバをきっかけに深くブラジル音楽に傾倒するようなり エレキギターから指弾きによるクラシックギターを使った演奏スタイルに変化していく。
2012年に本場ブラジルにてショーロ音楽の研鑽の旅をする。
癒しと情熱を併せ持つ独自のスタイルにファンも多く、現在も数多くのライブをこなしながら演奏に磨きをかけている。
ギター講師として、後進の育成にも力を注ぐ。
臼井康浩 (guitarist, composer,producer)
名古屋在住で国内外で即興演奏を中心に越ジャンルで活動するギタリスト。即興を音楽の源点と捉えて、年間100本前後のライブを行う。舞踏、書家、詩人、画家 らとの異ジャンルコラボも積極的に行い、近年は即興演奏する際の考え方であるインプロ思考法という独自のアプローチも発信している。http://usui-yasuhiro.com



4月18日(土) ライブ 19:30~ 2000円(このライブは中止(延期)となりました。)
  
某ゆきの(vo,g)
 
今週2発目は、なんや初ワンマン!やる!やる!やる!
某ゆきの まっすぐで元気。ストレートな歌がまっすぐに響く。まっすぐな歌詞が、まっすぐ届く。ありのままで、すばらしい。声がとっても魅力的。
ゆきのさんの演奏は激しい。とても勢いをもって緊張感のある演奏。一気に突っ走って、とても心地よい。すがすがしい。

このため、以下のように変更いたします。
4月18日(土) ライブ 19:30~ 無料
  puyo alto saxophone solo improvisation live
1部はソロ、2部は体調万全の方限定3名を募集しましてpuyoとのDUOを予定しております。参加者募集中!
参加者がいらっしゃらない場合はsoloでの演奏を予定しております。
ドラムセット等機材が必要な方は、事前に連絡をお願いいたします。
 



4月19日(日) ライブ 2階開場18:30 開演19:30 2000円
  福田ユウイチ(vo,g)(出演がキャンセルされました。)(2組でおおくりします。)
  元橋たいぞう(vo,g)
  かんた(vo,g)
 
 
真剣な音楽がないと生きていけない3人が集う会。富山から福田、元「花音」の元橋、思いっきり酒飲みのかんた、明日はどっちだ。


月23日(木) ライブ 20:00~ 2000円(このライブは中止となりました。)
  泉 邦宏(vo,sax,g,per,尺八,etc)
 
常に変化し続けている人。毎回毎回新しいことが、何かしら増えている。常に自由であり続けているからこそであり、そうでないとおもしろくないんだろう。そして、器用にこなしていく。ここも見所の一つ。何よりも、出てくる音楽がおもしろい!エキサイティングだ。



4月24日(金) ライブ 19:30~ 2000円(このライブは中止となりました。)
  
AZUMI(vo,g)
   

人間の持つ様々な色彩が、形になっていく。AZUMIさんの生きる様をとおして、人間が、そして自分が、見えてきて、そして、励まされる。どうだろう、そんな夜をすごしてみては。


4月25日(土) ライブ 19:30~ 1000円
  足立明彦[リメ](vo,g)リメソロ!feat.菊谷剛士(g)(theバーナム、電子宮)+puyo(as)+よっぴん(b)(よっぴん、出演がキャンセルされました。)(3人でおおくりします。)
 
足立明彦[リメ]1963年生まれ theバーナムのヴォーカリスト。近々のソロワークスではサポートミュージシャンに同僚の菊谷氏などを迎え、独自のシュールな歌世界と音空間を広げたライブを展開中!

リメさんは、自分の思うところをまっすぐに、ギリギリのところを際どく出してくる。キクさん、自分の世界観にのっとった音を満を持して出してくる。よっぴん、自分の感じることを音に込めてくる。コレガワタシダと。そこへ加わる私(puyo)は、とても自由に飛べる。翼を与えられる。
 


4月26日(日) ライブ 2階開場18:00 開演18:20 500円
  
「ドルヲタ漫談独演会2「八事アイドル狂詩曲(ラプソディ)」
  
 鈴木陽一レモン
   
(ミニオープンマイクあり)
 

詩人・鈴木陽一レモンが、ここ数年ライフワークとしてきた「漫談」スタイルの到達点。
ただアイドル関連のエピソードを独り語るだけのことをエンターテイメントにまで昇華した「超二流の話芸」は必見。
今回は八事ローカルアイドル特集。人生を棒に振った男の生き様を見よ。


4月28日(火) ライブ 19:30~ 1500円
  東風 [渡辺敦(ts)+高田知也(b)+近藤久峰(ds)]
 
疾風怒涛のコードレストリオ
一視同仁な選曲、奔放自在のサウンドをお楽しみください。

 


5月2日(土) ライブ 19:30~ 1000円
  
ウタコロガシ01
   ナオキ(vo,g)
   トミタトミオ(vo,g)
   ゆうひ(vo,g)
   
ブタ野郎!のボーカル、ナオキの主催する屋内弾き語りイベント第1回目。
等身大を歌うゆうひの透き通る歌声に心奪われ、
THE
構わねぇよBABYのボーカルトミタトミオが発信する弾きがなりに魂動かされる事必至!
酒浸りのナオキと御器所で握手!!


5月3日(日・祝) ライブ 詳細未定



5月9日(土) ライブ 19:30~ 2000円
  サガシュウ(vo,)
  ティダ(vo,g)
  元橋たいぞう(vo,g)
 


5月12日(火) ライブ 2階開場18:30 開演19:30 2500円
  扇田裕太郎(vo,g))

 
なんかすごくいいじゃんね!そう、確かにピンクフロイド的でもあるし、サイケデリックでもあるし、さらに加えて熱い。声のシャウト、ギターの荒っぽい音使い、リズム、とても良い。共感する。すごくいいライブ。これは、ちょいと、みんな、見てよ!
扇田裕太郎プロフィール
(シンガーソングライター/ギタリスト)
80年代後半ロンドンのサイケデリックシーンでロックギターに目覚め、帰国後は数々のバンドで活動。近年は木暮”shake”武彦(レッドウォーリアーズ)らと原始神母(ピンクフロイドトリビュート)を結成、FUJI ROCK FESTIVAL、プログレッシブロックフェス、JOIN ALIVE、アラバキ・ロック・フェスなどに次々と出演、海外からも注目を集める。氣志團トミー&ザ・ボンヤスキーズ、The Day Sweet(ザ・スリル、ex米米CLUBの多田暁とのユニット)、佐野篤率いる宇宙ロックバンドKINGでの活動、大橋隆志(聖飢魔II)や白浜久(ARB)のサポートでも知られる。2016年ソロミニアルバム「I AM」をリリース、シンガーソングライターとして活動開始。2017年音楽プロデューサーとして「冨田麗香/夢のかけら」、「冨田麗香&ザ・ローリングジプシーズ/LIVE LIFE ALIVE!!」をリリース。冨田麗香でFUJI ROCK FESTIVAL、台湾メガポートフェスティバル、朝霧JAM出演。2019年、英国を代表するキーボード奏者モーガン・フィッシャー(モット・ザ・フープル、元Queenツアーメンバー)とNANKER’S BEST結成。



5月13日(水) ライブ 20:00~ 3000円
  森 香(vo,g)
  大臣と神様(西成の神様、鈴木勇造)
  尹ROCK嘆

 


5月14日(木) ライブ 19:30~ 予約2500円 当日3000円
  
Trio Oddball
   渡辺隆雄(tp)
   臼井康浩(g)
   ハセタク(per)

 
空駆けるメロディー大地を揺さぶるリズム~ブラジルとロックが 激しく交わる場所 ブラジルのリズムを取り入れつつ、独特の編成でロックする熱く激しいインストトリオ。


5月15日(金)
ライブ 19:30~ 2000円
  FISSIONレコ発ライブ
   武藤祐志(g)
   木全摩子(ds)

 
ジャズ・ロック・メタル・プログレなどさまざまなジャンルのバンドに参加しているギタリスト武藤祐志のインプロduoアルバム第二弾。
メタルコアからインプロにフィールドをシフトさせたツインペダルドラマー木全摩子とのアグレッシブかつワイドレンジなユニットFISSIONのアルバム発売記念ライブ名古屋編!


5月16日(土) ライブ 詳細未定
  対決!vs
トーガンジレーコ(vo,acc)
  森 香(vo,g)
 
 


5月17日(日) ライブ 2階開場18:30 開演19:30 2000円
  ナベジ(vo,g)
  高橋昇士(vo,g)
  
ナベジさん、しっかりとした声とギターで足腰の強い演奏。迷いみたいなのがなくなって、押してくるのがいい。気持ちがグッと入ったライブを展開する。
昇士さん、まっすぐな声が響き、地の底から湧き出るようだ。


5月20日(水) ライブ 19:30~ 2000円
  後藤勝(per,g,vo)
  イトウチハル(vo,per) +LUKA(key)
 

後藤まさる(パーカッション ギター ボーカル)

1990 上々颱風でデビュー 
2000 脱退ソロ活動へ CHMISTRYセカンドツアーバンドマスター
OUTRAGE  20世紀少年など映画音楽にも関わる。 近年のオリジナルライブはギター
弾語り パーカッション叩き唄い ミックスしてのエンターテイメント
 
イトウチハル(vo,per)+LUKA(key)
さまざまな経歴を経て、パーカッションのたたき語りで、ソロ活動7年を数える、桑名市在住・女性シンガーソングライター・イトウチハル。
心あたたまるオリジナル曲から、バラエティに富んだカバーソングまでお届けします。



月22日(金) ライブ 19:30~ 1500円
  川口雅巳(g)ニューロックシンジケイト
  青木智幸+望月治孝
  百六番とHyakuyoso

   
サイケデリックロック、インプロヴィゼーション、エレクトロミュージック、ドローン、そして歌が入りまじった濃厚な夜になること間違いなし!現在進行形のアンダーグランドを体験してください。


月23日(土) ライブ 19:30~ 2000円
  ハナクソ(vo,g) from高知
  チャーリー(vo,g)
  サイバーパンク演歌歌手Σ(vo,g)
 
  
硬い芯のある三人が、それぞれのやり方で魅せてくれるライブ。強烈な信念を感じさせる演奏。迷っている暇はない。あなたも迷わずお越しください。
ハナクソ君、まっすぐストレートすぎる人で、こちらの心が揺さぶられる。独特の動き、独特の声、すごい汗。ぜひ、見に来て頂きたい。
チャーリー「ジャンルにとらわれずパンク、ブルース、レゲエ…何でも取り入れて歌ってます。 独特な世界観を是非(笑)」 アコギ一本で歌ってます。

サイバーパンク演歌歌手Σ「芦屋の恥」と、自ら名乗るが、その歌は「芦屋のジャンヌダルク」。慟哭であり、解放。


5月24日(日) ライブ 19:30~ 3000円
  佐藤研二(cello)
  早川岳晴(contrabass)

  
この二人のベーシストを御存じの方ならば、この二人の組み合わせによる演奏が、とんでもなくおもしろそう、と思うでしょう。
佐藤さんは、ベースでなくチェロを、早川さんは、コントラバスでの演奏。何とも贅沢な夜だ!
この二人を御存じない方が見たならば、びっくりしてひっくり返ってひょん、てなことになってしまうよ!



5月27日(水) ライブ 詳細未定
  森 香(vo,g)
  ガチャピン(沖縄)


5月28日(木) ライブ 19:30~ 2000円
  伊藤史和(g) with 朝香
(vo)
 
地元名古屋を中心に活躍する2人のコラボ、どこまでも優しく透明感ある世界へ。
伊藤史和~ブラジル音楽等ボサノバ、ジャズ、オリジナル等、クラシックタイプのギターを使った
色彩豊かなアプローチに根強いファンも多い。ソロアルバム「Minha Saudade」をリリースし高評価を得ている。
朝香tomoka~シンガー・ソングライター ポップス、ジャズ、ボサノバなど
固定のジャンル、スタイルにとらわれることなく、透明感と優しさを大切にした歌声を届ける。



月29日(金) ライブ 19:30~ 2000円
  マサ・タケダ(vo,g)(大阪)
  
キタN(than)
  
マサ・タケダ
ジャズやブルース、フォーク、カントリー等アメリカンルーツミュージックを愛好しGibson ES-125を愛用する西宮生まれ大阪在住のシンガーソングライター。
全国年間150本以上のライブを行い、各地で「マサのライブはお酒が進む」と絶賛される。マサ自身が尊敬する吾妻光良、有山じゅんじ、長見順、オレンジカウンティブラザーズ飯田雄一とも共演し、各ファンからも評価を受ける。
【HP】https://ragtimeblues1929.wixsite.com/masatakeda
【Online Store】https://masatakeda.stores.jp/
【Twitter】https://twitter.com/masatakeragtime
【FACEBOOK】https://ja-jp.facebook.com/masatakeragtime/
【YouTubeチャンネル】https://m.youtube.com/channel/UCmx-Xu9hewRoSsBAxU63ZTQ

 
キタN(than)
一昨年行われた世界最大のバンドコンテスト「エマージェンザ 2018」で日本代表の座を獲得、ドイツで行われた世界大会に出場、7位の実績を残した大阪のバンド[than](ザン)からギターボーカルのキタとクラリネットのNが「キタN(than)」として出演させていただきます。ゆったりと深く染み込むような楽曲をガットギターと歌、そしてクラリネットで表現します。


5月30日(土) ライブ 19:30~ 1500円
  「+One = Trio」
   木全摩子(Dr.)
   鈴木茂流(Elec.Bass)
    ゲスト puyo(as)
   
木全、鈴木のドラムとベースのセクションに、毎回ゲストを迎え、トリオという既成のフォーマット(音楽のやり方も含め)の中で、自由に即興をやります。
ある意味、人間というもの、縛りがないと自由という概念もなくなるということですね、
まあ、この世に生きること自体が縛りとも言えますが、、、

今回は以前からやってみたかったこの人、
Puyoさんです。
ここ「なんや」の二階がライヴやり始めた頃からの古い付き合いです。
この人は音楽の匂いがぷんぷんする、
それが彼の魅力で、そういう人の音は絶対強いです、いつもそう感じます。


5月31日(日) ライブ 19:30~ 2000円
  おかわりカルボナーラ[ガイ(g)+稲葉一将(ts)+NOAH(b)+野々山玲子(ds)]
  空港図[蛯原幹生(ds)+踝打無(g)]
  
名古屋のおかわりカルボナーラ。大阪の空港図。昨年のガイ・セッションでつながったメンバー他によるライヴ。ノイズの渦にまみれる夜をどうぞ。
 


6月5日(金) ライブ 19:30~ 1500円
  ダグ伊藤(key)
  坂田こうじ(ds)
 



6月6日(土) ライブ 19:30~ 1500円
  room517
   鈴木茂流(elec.bass)

   小埜涼子(a.sax)
   照喜名俊典(flugabone)
   臼井康浩(g)
   十三(drs)
 
もともと、音楽というものの持つ宝物(力)を存分に発揮するための即興演奏バンドと考えての発展進行なので、
あえて今回は何も書いてない楽譜、これに帰結したくなりました。



6月11日(木) ライブ 詳細未定
  三上寛
  



6月12日(金) ライブ 詳細未定
  夢野カブ(vo,g)+青酸カリ子(b)+杉山章二丸(ds)


次は、なんやで、ではありません。――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

6月13日(土) 得三にて 開場17:00 開演18:00 前売(予約)2800円 当日3300円
 「店主puyo還暦の日に」
  早川岳晴(b)+puyo(as)+谷向柚美(vo,key)+G子(g)+近藤久峰(ds)
  夢野カブ(vo,g)+早川岳晴(b) ゲスト: puyo(as)
  足立明彦[リメ](vo,g)リメソロ!feat.菊谷剛士(g)(theバーナム、電子宮)+puyo(as)
  三浦史洋スペシャルロマンチックバンド [三浦史洋(vo,g)+ひだかひとみ(vo,g)+puyo(as)+G子(vo,g)+中西健雄(per)]
  あやみチャーミンググループ
  昭和爆音婦人会+puyo(as)

 

 
 
 
 


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

6月19日(金) ライブ 詳細未定
  W.C.カラス(vo,g)
  青木マリ(vo,g)

  


6月20日(土) ライブ 詳細未定
  神田綾子 (voice) シカゴから帰国した方です
  Mia Zabelka (violin) from ウィーン ジョンラッセルなどとも共演しているベテランの方です。ttps://youtu.be/XAkkt5oYrKU
  臼井康浩 (g)



6月26日(金) ライブ 19:30~ 2000円
  野口UFO義徳(djembe)
  石渡岬(tp)

 



6月27日(土) レコードコンサート 18:00~翌1:00 無料
  
オリムピックの身代金 恒例 FM HOURVol.29
   
選曲 : トキオ , Mr.F

 


7月11日(土) ライブ 開場18:00 開演18:30 前売2800円 当日3300円 2ステージ
  「名古屋でフォークソングを唄おう!」 唄い処「名古屋なんや」
  【出演】CRZ CRZ~知らず知らず(修豚・前田カシ・最鋭輝)

(予約先)薔薇屋敷レコード motoki4510@gmail.com 予約受付開始日 4/1~
 
【CRZ CRZ~知らず知らず~プロフィール】
修豚(トンシュー)、前田カシ(カーシー)、最鋭輝(モーヤン)の3人によるフォークグループ。以前からバンドや弾き語りイベントで共演していたが、2018年秋、イベント最後のセッションタイムにてフォークソングで盛り上がり、その場でフォークグループ結成発表!ライヴでは、すべてCコードから始まる懐かしのフォークソングメドレーが名物となっている。オリジナル曲続々製作中!先日結成1周年を迎えて知らず知らずに勢力的に活動中!


7月12日(日) ライブ 19:30~ 詳細未定
  ジャジャ岩城(vo,g,ハーモニカ,口琴,ベンガルの足鈴グングル)
  皇帝魚(vo,g)
  子宮良太(vo,g)

 


7月17日(金) ライブ 詳細未定
  鷲見雅生(b)
 


7月18日(土) ライブ 詳細未定
  大島賢治(vo,g,ds)


7月19日(日) ライブ 詳細未定
  plastic dogs [小埜涼子(as)+武藤祐志(g)+林剛史(g)+上ヱ地宏太(ds) ]
 


7月23日(木・祝) ライブ 詳細未定
  森 香(vo,g)
  大谷氏(vo,g)&とっちゃん


7月24日(金) ライブ 詳細未定
  
 room517
    鈴木茂流(elec.bass)

    谷向柚美(voice)
     他
 


7月25日(土) ライブ 19:00~ 前売(予約)2000円 当日2500円
  水内ふまじ
  
モンスターロシモフ
 
 


7月29日(水) ライブ 詳細未定
  新井田文悟(b)


8月8日(土) ライブ 詳細未定
  ELK
  
ELK
広島県出身のシンガーソングライター。音楽を志し、単身上京。路上で歌い始める。
泉谷しげる氏/忌野清志郎氏共同プロデュース「紅白をぶっとばせ!」への参加
内田勘太郎氏(ex.憂歌団)、三宅伸治氏(ex.タイマーズ)、加奈崎芳太郎氏(ex.古井戸)、小林和生氏(ex.RCサクセション)、新井田耕造氏(ex.RCサクセション)などのオープニングアクトを経験
杉山章二丸氏(ex.タイマーズのDr)とのバンド活動
音楽評論家の鳥井賀句氏に勧められ、渋谷「青い部屋」(戸川昌子氏オーナー)への出演
弾き語りで国内ツアー
2016年、2017年アルバムを全国リリース
現在もアコースティックギター弾き語りスタイルでツアー活動中
Official site
http://elk.mods.jp/home/index.html
Respect:
忌野清志郎/HARRY/STREET SLIDERS/SION/GROOVERS/ROOSTERS/山口冨士夫/村八分/サンハウス/HEAT WAVE/友部正人/吉田拓郎/ etc...


8月23日(日) ライブ 詳細未定



月28日(金) ライブ 詳細未定
  Jessica Ackerley (guitar) NYのギタリスト  初来日で日本では全然知名度ないですが面白そうです https://youtu.be/uhz7nJArqY4
  神田綾子 (voice)
  臼井康浩 (g)



9月6日(日) ライブ 19:30~ 2500円
  早川岳晴(b)ソロ
 
ベースだけのソロで、1時間半以上のライブを構成する技の持ち主は、そんじょそこらにいるわけではない。聞かせるだけの技巧が必要だし、一気に持っていく感情も必要だ。それと、経験も必要なのかもしれない。早川さん、ベースでのソロ演奏が、板にばっちりついていて、伸び伸びとしていて、鮮烈。


9月25日(金) ライブ 詳細未定
   朱音(vo,g)
   中村アリー(vo,g)
   樋口智美(vo,g)
   ISAMU(詩の朗読/詩的表現):
 
朱音

2007年から都内のライブハウス・ライブバーを中心に活動。 あらゆる音楽ジャンルをギター一本で表現し、 歌謡的旋律、耽美的”和言葉"を操る、 変幻自在の独演家。 貴方の心を、斬るも愛すもあたし次第。

中村アリー
アコギ一本で東京中心に西へ東へ今日も元気に活動中
2019.5.29 ファーストフルアルバム「喜びに生きる」全国発売 2020.7.29 セカンドアルバム「世界を無視して」発売予定
ISAMU(詩の朗読/詩的表現)
2001年夏、本格的に詩作開始。同年9/2『第1回 詩のボクシング愛知県大会 予選会』@車道「劇団pH-7アトリエ」で初朗読。予選会を勝ち上がり同年10/13『第1回 詩のボクシング愛知県大会 本戦』@今池「TOKUZO」にてデビュー。
かつて隆盛を誇った詩的表現イベント『言葉ズーカ』他、多岐に亘る幾多のライブイベントを開催し好評を得る。
名古屋市内各地の他、愛知県内各地、岐阜県、三重県、大阪、東京で詩の朗読表現。
今年9月で詩的表現活動、10月でデビュー19執念(周年)、20年目に突入の一篇入魂型詩人/詩的表現者。



10月1日(木) ライブ  詳細未定
  
TRRMA from イタリア
 
イタリア産、大地と交信するドラム&エレクトロ・デュオ「TRRMA’」初来日!
TRRMA’
モノクロの胸像が掘り出された大地の底から湧き出すクリック音と地下に眠る蟲たちをパニックに陥れる重低音の振動が、灰色の孤独の帷を切り裂きジャックナイフの如く一念勃起させる。怒張した大脳皮質の表皮に刻まれた襞は痺れながら洗脳運動に玩ばれる。不整脈の乱打と律動が精神分裂を促すように耳核を愛撫する。闇の中の二者の弄り合いは、ジャズではなくエレクトロでも、ましてやノイズでも有り得ない。巻き舌でトゥルレ魔と発音するというイタリアの二人組音楽ビジュアルユニットが「TRRMA'」である。
メンバーは、ジョヴァンニ(perc)とジュゼッペ(synth)。2015年で結成され、イタリア内外の音楽フェス、ギャラリー、アート・スタジオ、クラブの現代/実験尾根学シーンで活動する。これまでイタリア、フランス、ベルギー、ドイツ、オーストリア、スイス、スロベニア、マケドニア、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア、セルビア、ボスニア、ポーランド、ラトビア、リトアニアをツアー。常に音楽シーンの新しい動きに目を光らせて、ハイクオリティなレコード/ライヴを進化させている。



10月16日(金) ライブ 詳細未定
  HURDYGURDY
 



10月17日(土) ライブ 詳細未定
  森 香(vo,g)
  白根キヨマロ(vo,g)


10月23日(金) ライブ 詳細未定
  日本天狗党[赤木飛夫(as)+鈴木放屁(ts)+赤木憲一(ds)]
  



10月25日(日) ライブ 詳細未定
  新井田文悟(b)



11月5日(木) ライブ 詳細未定
  林栄一(as)
  小埜涼子(as)