なんやの過去の出来事  2024年

    2006年   2007年   2008年    2009年   2010年   2011年   2012年   2013年    2014年   2015年  2016年  2017年   2018年   2019年   2020年  2021年  2022年  2023年


2024年 1月から6月


12月30日(土)から、1月4日(木)は、年末年始休業です。よろしくお願いいたします。


1月5日(金) ライブ 2階開場19:00 開演19:30 予約3000円 当日3500円
  山田晃士 新春独り舞台巡業『唄会始二〇二四』
 
〇予約:なんやのみ受付 12/3(日)10:00〜 nanyagokiso@wing.ocn.ne.jp 12/5(火)〜なんや 052-762-9289でも受付

 
あまりのライブの良さに、見に行くと必ず飲みすぎてしまう。あまりの軽快さに踊ってしまう。なあに、自分の好きなように飲んで踊ればいいのさ。さあ、出かけよう!!正月明けて、今年は何をしよう。
 



1月6日(土) ライブ 19:30〜 2500円
  ワタナベマモル(vo,g)
  Terry(vo,g)
  BABY STAR[ビッキー(vo,g)+うるせいや(g)]
  
栄光の組み合わせ。新春の陽光の中、光に満ちたライブをお送りいたします。


1月7日(日は、臨時休業です。よろしくお願いいたします。


1月11日(木) ライブ 19:30〜 2000円
  Simple Men[佐藤wee(Bass VI&Vocal)+大口辰雄(Dr&Elctro)]
  puyo(as,ss)+あたしよしこ(
打撃ギター,vo)

  
Simple Men
佐藤wee(Bass VI&Vocal)と大口辰雄(Dr&Elctro)の2人組耳年増バンド。三重県四日市・桑名の連合軍。結成は2005年。
石渡岬嬢のカバーや名古屋港で突如タンジェリンドリーム化するなど、雑食性、きまぐれ度は宮内庁御用無。NewWaveバカ一代。

 


1月12日(金) ライブ 19:30〜 投げ銭
  Aco*ouch??!(アコアウチ)[昌山登世史(ag)高田知也(b)近藤久峰(per)]
 
ガットギターとアップライトベースにカホンセットのアコースティックトリオ。予定調和を避け、破壊と構築のぐるぐるループをモットーにouch??! なサウンドでお送りいたします。


1月13日(土) ライブ 2階開場19:00 開演19:30 2500円 本イベントに限り、2階ライブ会場での演奏中の飲食はドリンクのみに制限させていただきます。
  Poly [羽野昌二(ds) ・ヨダアミ(vo)・林裕人(ds)・依田拓(per)・嶋田庸平(per)]
  マーズ古田(映像)
 

 

1月14日(日) ライブ 19:30〜 2000円
  mogosaba [山口啓子(ts)+笠井トオル(b)+野口UFO義徳(djembe)]
 

フリーインプロトリオ。完全即興の他、アフリカンリズムをモチーフにしたテーマからの即興等を予定しているが、どうなるかは当日蓋を開けてみるまでわからない。とにかくバキバキのドカドカに演ってみようと思う。


1月17日(水) ライブ 2階開場18:30 開演19:30 投げ銭
  エクペリduo[おちょこ(vo,g)&ゆきを(g)]
  永山愛樹(vo,g)
 
エクペリduo
35年目になる日本語オリジナル・ロックバンド「エクペリ」の、おちょこ(Vo&G)とゆきを(G)のDUOバージョンです。
野外のイベントやライブハウスなど多くの場所でみんなと音楽を分かち合ってきました。
新しい出会いを楽しみにしています。
新譜CD「君の手ざわりが永遠だ」も絶賛発売中です!
http://ekuperi.com/

 
 



1月18日(木) ライブ 2階開場19:00 開演19:30 予約2,500円/当日3,000円
 オトナのためのKidsJazz
  百本マイ(ピアノ弾き語り)照喜名俊典(ユーフォニアム)近藤久峰(パーカッション)
ヨイコモワルイコモタノシイライブ
ご予約&お問い合わせ: kidsjazz100@gmail.com2ka
 



1月19日(金) ライブ 19:30〜 2500円
  ナベジ【新春の東海・近畿】@名古屋 【ナベジ × 国東のカワタ】
   ナベジ(vo,g)

   国東のカワタ(vo,g)
 
ナベジ 最高のライブパフォーマー。力強い人。
国東のカワタ
大分は国東半島、、国東市(くにさきし)出身の、旅ガラス、、ツアーミュージシャン目指す52歳、、
全国津々浦々、まだまだ知らない事ばかり、、、
国東のカワタと申します。
2023年9月、国東のカワタ初のCD『バターピーナッツ』(3曲入り1,000円)を発売
最近は大分を飛び出し他県でも活動範囲を広げている。

 


1月20日(土) ライブ 19:00〜 2500円
  モンスターロシモフ
 

何にもないただの空間に、3人が、あれだけの音の世界を作って行くのだからおもしろいものだ。たった3人で充実したモノができちゃうんだね。いい音だ。愉快痛快奇々怪々。2時間半に迫る熱演を堂々と熱く演る。


1月21日(日) ライブ 19:30〜 500円
  なきむしチェリー(vo,g)
 
自身初のワンマンライブ。思いの丈をたくさん出してほしい。泣いても笑っても一人。人生そのものだね。明日はもっと輝くよ。
 


1月23日(火) ライブ 19:30〜 2500円【かつらさんが、指をケガしてしまい、出演できなくなりました。(1/23)】
  「僕のセンチメンタル・ジャーニー」
   谷口マルタ正明(vo,g)
   かつら(vo,g)

  
谷口マルタ正明
80年代より演劇及びライブハウスシーンで活動しているボーカリスト。90年代に入り、ライオンメリィ(ヤプーズ他)・坂本弘道(パスカルズ他)・滝本晃司(ex.たま)・松本正(ex.チコヒゲ&ザ・ユニット他)と組んだ「echo-U-nite」(エコーユナイト)のフロントマンとして活動。また元P-MODELのことぶき光と組んだ「Phnonpenh MODEL」(プノンペンモデル)では3度のヨーロッパツアー、中国ツアー(2012)、インドツアー(2013)を行う。2014年春、ソロとしては初の英独ツアー。同年、新バンド「無辺のデデ」(ムヘンノデデ)結成。同年9月、ソロ名義のミニアルバム「まぼろし」発売。ソロではアコースティックギターの弾き語りスタイル。「音楽と珈琲 ひかりのうま」(東京・大久保)店主。
愛知のうたうたい かつら。
「今日にしかうたえないうたを」をモットーに、今日、今、この瞬間、感じていることを大切に、うたをうたっています。いいもわるいもその全てを抱きしめて生きてゆきたい。そうして出逢える貴方の、こころやからだやたましいへ、音を届けられたならば幸せです。


1月24日(水) ライブ 19:30〜 3000円
  アニーキーアゴーゴー!(vo,key)+加藤雄一郎(sax)
 
ANIEKY A GO GO!(アニーキー・ア・ゴーゴー) 山浦智生(やまうらともなり)
96年にcutting adge(avex)より「DIXIETANTAS」としてデビュー。98年にはJames Brownのオープニングアクトを務める。
現在は「ANIEKY A GOGO!」として主に鍵盤&ボーカルスタイルでのライブ活動を全国で展開
バンドサウンズのアルバム
2008年「NEW FRONTIER」
2011年「MIDDLE MAN」
2013年「黄金の翼」
2016年 「ロックなたましい」
2019年「LAUGH IN LIFE」
2022年「landscape」
発表
2006年から2010年頃まで
ギターパンダのベースを
やキーボードを担当。
ライブ&アルバム参加
「黄金の翼」MV https://youtu.be/cMW5qRdiMkM
「ロックななたましい」MV https://youtu.be/B9YH9qyk9a4
「landscape of the heart」MV https://youtu.be/UuZqFXQLwvo (https://youtu.be/UuZqFXQLwvo)
加藤雄一郎
サックス奏者・音楽家。福島県出身。13 歳からサックスを吹き始める。上京後はバンド活動を経て数多くのアーティストのライブやレコーディングに参加するようになる。DJ/トラックメイカーのCalmから大きな影響を受け、2005年よりYuichiro Kato名義での活動を開始。ライブ活動を軸にコンピレーションアルバムへの楽曲提供やトラック制作を行っている。2021年1月に4枚目となるアルバム『WILD COLORS』をリリースした。
またレコーディングやライブへの参加も多く、Calm・曽我部恵一・サニーデイ・サービス・キセル・吉澤嘉代子・miya takehiro・ANIEKY A GO GO ! ・古川 麦・Exotico de lago・笹川美和・Superfly・関ジャニ∞・矢沢永吉…など様々なアーティストにそのサウンドを提供している。
NATSUMEN・L.E.D.・抱擁家族・MEGALEV・okt3のメンバー。
レーベル「Seven Corners」主宰。


1月25日(木) ライブ 19:30〜 2000円
  RTZ [武藤祐志(g)+加藤雅史(b)+大森ひろ(ds)]

 

インプロって、それぞれの個性がよく出るな。であると同時に、共演者によって変わるし、共演者の出方によっても変わるし、おもしろい。演奏技術、聞く力も高い3人だったから、完全即興でも曲のようになる。


1月26日(金) ライブ 19:30〜 2500円
  夢野カブ(vo,g)
  ダイスケアザーガート
  
夢野カブ  親愛なる友達。永久不滅な友達。
dsk.og (ダイスケ アザーガート)
元 rainman、現 アザーガートのVo.「小林ダイスケ」によるソロ活動名義
静岡県富士宮市出身 東京在住
20代前半を世界放浪に費やす
旅の途中、偶然ギターを手にしたことで旅人バンドを結成
ネパールやインドのガンジス川船上等でライブを行う
帰国後、旅人バンド「rainman」を結成
2003年メジャーデビュー、のち 6枚のオリジナルアルバムをリリース
2014年、ベストアルバム「BEST FOR LAST」を発表し、12年に及ぶrainmanの活動を終了
実弟とのアコースティックユニット「雨々」としても活動 / 2013年、「雨々/えびとかげ」発表
2016年、杉山章二丸、海老原真二、山口克彦、ケンタコスゲ と共にロックバンド「アザーガート」結成
2018年、1stアルバム「otherghat」全国リリース
TAKEHIKO、ケンタコスゲ と共に「dsk.og TRIO」としても本格的な活動を開始
2019年、「dsk.og」としてソロ活動を開始
2021年、初のソロアルバム「蝶の舞う速度で」全国リリース
2022年、アザーガート、2ndアルバム「DEEP RIVER IN COSMOS」発表
2023年10月25日、2ndソロアルバム「夜行開花」全国リリース
 


1月27日(土) ライブ 19:00〜 2500円
  て゛らハッヒ゜ィ シ゛ョイント【白根キヨマロvs.森香】
  
ガンプラとんとん相撲御器所場所開催
   チェリー森田参戦!(from大阪)
   
白根キヨマロ(vo,g)
   森 香(vo,g)
   
森田和信(key)
   鬼熊敦朗
   

岐阜の歌う核弾頭とは白根キヨマロのことだ。
カンドカンとハートを撃ち抜く歌に身を晒してみるがいい。「元気」になるから。ところで、今の世の中で生き抜ける一番の力ってなんだと思う?「元気」だよ。森香はそう思います。来てね。

 


1月28日(日) ライブ 19:00〜 2000円(開演時間が19:00に変更になりました。)
  人間万事塞翁が馬バンド[puyo(as)+谷向柚美(vo,key)+G子(g)+笠井トオル(b)+近藤久峰(ds)]

 
本当にいいバンドだと思います。曲もとてもいいし、演奏・とくに即興が素晴らしい。本当にいいバンド。本当にいいバンド。あとはあなただけ。
 


1月31日(水) ライブ 19:30〜 2500円
  サイバーパンク演歌歌手Σ(シグマ)(vo,g) 新作『西の手掴み』披露巡礼
  かいひろし(vo,g)
  かんた(vo,g)
   
『西の手掴み』
2023年8月リリース
四国瀬戸内から、沖縄漫湖湿地まで、
女の怒りから母の歓びまで、
おしぐが描く海の旅をご提案。
サイバーパンク演歌歌手Σ(シグマ)略歴
兵庫県芦屋市出身。弾き語り、芝居を交えたライブスタイル。
自らを「芦屋の恥」と名乗るが、その歌は芦屋のジャンヌ・ダルク。慟哭であり、解放。(談・樋口智美さん)
2019年1stフルアルバム『徘徊する命』で全国デビュー。現在沖縄県在住、2023年、新作『西の手掴み』リリース。


2月2日(金) ライブ 19:30〜 2000円
  ISAMU(詩の朗読/詩的表現)
  樋口智美(vo,g)
  中島慶介(vo,g)
  Mr.F(一人唄い)

 


2月3日(土) DJ 18:00〜0:00 無料
  ハイパー スペイス リアル ジャンク エフ @なんや #165 踊り明しの夜
   DJ :Kimono my House
      TAKESHI
      YAMA DARLING
       Jony
       Mr.BS
       Mr.F
 



2月4日(日) ライブ 19:30〜 投げ銭
 特別企画 Horn Alone 2 vol.1
  有本羅人(tp,b-cla) ソロ

 
少年期に様々な黒人音楽に傾倒した挙げ句、本場のJazzを求め渡米するも更なる土着の文化を求め帰国後、高岡大祐(tuba)との五線譜を用いないトリオ「Bright Moments」を結成。更にはドラマー芳垣安洋のNu Art Ensemble「MoGoToYoYo」やピアニスト西島芳との三管ユニット「Ensemble Shippolly」,同世代のギタリスト、ルイリロイとのユニット「ラビリロイ」「Lenz」は関西では稀有なバンドとして注目を集める。現在は国外にも活動範囲を広げ、2017年にはオーストリアのトロンボ二スト、Werner Puntigamと現地にて作品を録音。最近では世界中に点在する先鋭的な音楽家達を自身の経営する写真スタジオに招聘し様々な形のコンサートを企画している


2月6日(火) ライブ 19:30〜 投げ銭
 特別企画 Horn Alone 2
 vol.2
  武田信吾(as) ソロ
 
名古屋大須でロジウラのマタハリというCafeをやっています。普段は料理を作っていますが、たまにSaxも吹きます。藤井郷子オーケストラ名古屋に参加しています。
店ではライブ企画もやっていて、今まで大友良英、不破大輔、梅津和時、林栄一他多数が出演されています。


月7日(水) ライブ 19:30〜 2000円
  『二人会』
   古池寿浩(tb)
   宮原照和(g)
古池tbと宮原gtrの2人で隔月第一水曜日に『二人会』を執り行います。
各々のソロとデュオ、その変遷を思う存分お楽しみいただきたいと思っております。
 

古池寿浩
:トロンボーン
即興演奏によるセッション、および多彩な音色を用いたソロ演奏などを中心に、
ジャンルを問わず独自のトロンボーン演奏を追求。近年はエレクトロニクスを用いた演奏も模索中。
自己のトリオバンド「ふいご(中尾勘二reeds、関島岳郎tuba)」では作曲も担当。
その他にHOSE、中尾勘二トリオ、藤井郷子オーケストラ東京、などのバンドでも演奏を行う。
宮原照和 ギタリスト。
ゼロビートに変則チューニングされたギターでハーモニクスや開放弦を使って、もしくはわざとうなりをつくって弾く。生生流転。「共演という演目においても、他方のアクションに対する呼応、存在感は筆に値すべきところを感じてます」と友人談。


2月8日(木) ライブ 2階開場19:00 開演19:30 2000円
  「なんやかんやで三人会」
   いとうより(朗読/ウクレレ弾き語り)

   パタ(朗読/ウクレレ弾き語り)
   YKP(朗読/ギター弾き語り)
  ゲスト:ISAMU(詩の朗読/詩的表現)
2020年コロナ禍の夏から実施の三人会。今回、一篇入魂型詩的表現者ISAMUをゲストに迎え開催。なんやかんやで朗読も演し物にしながら、いとうよりの明るくはっちゃけなウクレレパフォーマンス、パタのダークでクラクラくるような暗ーい弾き語り、YKPのお茶目でポップな弾き語りべエビー。ハゲしく、ユカイで暗ーくお茶目な宴となります。ペコリ。
 


2月9日(金) ライブ 19:30〜 投げ銭
  Aco*ouch??!(アコアウチ)[昌山登世史(ag)高田知也(b)近藤久峰(per)]
 
ガットギターとアップライトベースにカホンセットのアコースティックトリオ。予定調和を避け、破壊と構築のぐるぐるループをモットーにouch??! なサウンドでお送りいたします。


2月10日(土) ライブ 19:00〜 3000円(開演時間にご注意ください。)
 特別企画 Horn Alone 2
 
vol.3

  近藤直司(sax) ソロ

 
東京都出身。1980年頃、新宿中央公園で路上演奏を始めていた、のなか悟空(ds)、川下直広(ts)らに出会い、ろくに吹けないまま、あちこちで演奏活動を始める。同時に、不破大輔(cb)、大沼志朗(ds)とトリオを結成し、小岩「おーむ」、大和「足穂」、横浜「エアジン」などで演奏活動を始め、LP「ライブ・アット・タルホ」(タルホ・ファーム, 1986)を発表。近年は原田依幸(p)とのデュオで、リトアニアVilnius Jazz 2009に出演。永田利樹(cb)、瀬尾高志(cb)とのトリオで、CD「鳥の歌」(Full Design Records, 2020)を発表。組原 正(g)、ヒゴヒロシ(b)、本田珠也(ds)との「大変なユニット」で、CD「noise ballads」(Full Design Records, 2019)を発表。


2月11日(日) ライブ 19:00〜 2000円
  深瀬アニ(vo,g)
  天麻音ひぃ☆(ラブドラム弾き語り)
  元橋たいぞう(vo,g)+ゲスト:三谷哲朗(e.Bass)(三谷は出演できなくなりました。)
   
深瀬アニ 関西を中心に活動しているスリーピースバンド「メトロロ」のボーカルギター。
2023年からソロ活動も頻繁に行うようになる。ビール片手に唄います。


2月12日(月・祝) ライブ 19:30〜 3000円
  かみむら泰一(sax)
  田嶋真佐雄(b)
   ゲスト:柳川芳命(as)
 
かみむら泰一&田嶋真佐雄 西日本ツアー
田嶋真佐雄は、近年自身が主催するBass Collective(田辺和弘、瀬尾高志)やダンサー、画家とのコラボなど関東を中心にクリエイティブな音楽活動を展開しているコントラバス奏者です。2人は2019年に惜しくも他界したContrabass奏者の齋藤徹を通じて知り合い、かみむらの主催するオーネット・コールマンのプロジェクトや公演など、時を追って関東を中心に共演を重ねてきました。田嶋がこだわるガット弦を張ったベースの音は必聴です。2021年にかみむらが京都に移住し今回ようやく田嶋を西日本に呼びツアーを企画しました。即興演奏を得意としますが、お互いのオリジナルやオーネットの楽曲も飛び出るかもしれません。各地の素晴らしいミュージシャンと一期一会のライブです。ぜひお立ち合いください。

 


2月13日(火は、振替休業です。よろしくお願いいたします。


2月14日(水) ライブ 19:30〜 投げ銭
 特別企画 Horn Alone 2
 
vol.4

  Kei-K(as) ソロ

 
1960年生まれ。京都の鬼才。サックス歴は40年。25年前に名古屋にも現れる。突き抜ける音の探究者。本人が「まだ突き抜けない。」とぼそっと言っていた。毎回いつもそうした音を出してくるから驚く。ちょっと違うアプローチをしてみようとかが無い。そうしてその音が、突き抜けているからすごい。



2月15日(木) ライブ 19:30〜 3000円
 特別企画 Horn Alone 2
 
vol.5

  登敬三(ts) ソロ
 
京都にこの人在り。豪快で繊細で艶っぽいテナーサックスの名手。1960年生まれ。フリーインプロビゼイション、ブルース等のセッションや不破大輔 (b) による”渋さ知らズ”梅津和時 (as)、 大仕事のロッドウイリアムス (pf) オー ケストラや、PigFat Pigsにも参加。自己のバンド No WaveやPig Fat Pigs、井崎能和(ds)とのDUOユニット狐天狗、 小山彰太 (ds) 林栄一 (as)芳垣安洋 (ds) 内橋和久 (gt) 羽野昌二 (ds) 沖至ユニット 藤井郷子(p)大熊亘(cl)泉邦宏(as)らとのセッションで活躍中。


2月16日(金) ライブ 2階開場18:30 開演19:00 スラムエントリー1,500円  観覧500円
(共に別途飲食代金)
 『第4期 NSWS予選 #1』

  ゲストライブ・ひらやまやすし(vo,g)
詩の朗読、ラップ、弾き語り、演劇、お笑い、紙芝居…あらゆる表現ジャンルによるスラム(バトル)イベント
『NSWS』の第4シーズン開始!
予選スラム通過者は、名誉と賞金をかけた年末のチャンピオン大会へと進出、その先さらにグランドチャンピオン大会も予定してします。
  



2月17日(土) ライブ 19:00〜 投げ銭
 
「曲線carve 14」
  サイン加藤(パフォーマンス)
  Blacky(voice)
 
ベテランパフォーマー サイン加藤とジャンルを飛び交うボイスBlackyによる不思議な即興世界へお招き致します。
 


2月18日(日) ライブ 19:00〜 2000円
  buntan(チャーリー ホッパー+駒)
  下坂 鈴子(バウロン)+服部紀子(手風琴)
  あたしよしこ(紙芝居)+立山こずえ(ヴァイオリン)
 
【buntan】
紙っ芝居パフォーマーのチャーリー ホッパーと、身体パフォーマーの駒による朗読パフォーマンスユニット。オリジナルの物語を小気味良く語らせて頂きたいっ、ですっ。

 
【下坂 鈴子】
アイルランドの伝統楽器バウロン(太鼓)を演奏。普段は愛知や近隣県のアイリッシュ音楽セッションに参加している。
【服部紀子】
手風琴で愛蘭土の音楽を奏でています。

 
【あたしよしこ】
踊る・歌う・語る・演じる・描くなどなどあらゆる手段を駆使して、自己の世界を表現するアーティスト。自身が作・演出を手がける作品を「脳想」と名づけ、さまざまな空間にカラフルな夢幻世界を現出させている。近年では「日常のヒズミ」を表現したインスタレーションなども展開している。
昭和どんちゃらリン(Vo) ayoyo(アヨーヨ)(おどり) 打撃ギター(即興)
【立山こずえ】
2005年頃よりアイリッシュフィドルを始める。2016年頃より即興演奏を始める。
現在、ケルト音楽ユニット「山ノぼうし」、ちんどんユニット「イ?レサカ」に参加し愛知県岐阜県を中心に活動中

 


2月20日(火は、臨時休業です。よろしくお願いいたします。