なんやの過去の出来事  2022年

    2006年   2007年   2008年    2009年   2010年   2011年   2012年   2013年    2014年   2015年  2016年  2017年   2018年   2019年   2020年  2021年


2022年  7月から12月  1月から6月はこちら


7月1日(金) ライブ 19:30〜 2000円
  「妙音鳥と金銀花」
  
タマゴと游魚 [游魚(vo,g)+ 盛田“タマゴ”泰三(ds)]
  EL GAS GAS
游魚のギターと歌の世界を、盛田“タマゴ”泰三のドラムが縦横無尽に駆け回る『タマゴと游魚』と、不思議でねじれたポップセンスで魅了する3ピースバンド『EL GAS GAS』(from神戸)の共演です。ぜひご来場ください!
 
タマゴと游魚
京都在住のドラマー、盛田“タマゴ”泰三(ex.ニプリッツ、DUST)と、声・ギター・身体を駆使して表現活動を続ける游魚(ゆうぎょ)によるユニット。
フリーキーなロックンロールが炸裂します。
 
EL GAS GAS(エルガスガス)
神戸を拠点に活動する3ピースバンド。
「今あなたの無防備なレセプターに侵入しました」


7月2日(土) ライブ 19:00〜 2000円
  
glow [武藤祐志(g)+mizuki(g)]
 
ジャズ・メタリックプログレ・民族音楽・即興など様々なユニットに参加するギタリスト武藤祐志。
変則チューニング・タッピングを駆使して美しくも変拍子満載のオリジナルを創るmizuki。
2人の静寂アンビエント系ユニット「glow」のファーストアルバムレコ発ライブです。
幻想風景的音楽の世界に是非!


7月3日(日) ライブ 開場17:30 開演18:00 2500円
  『ヒザフェス2022』
   キシモトジュンイチ(vo,g)
   松村よしひろ(vo,g)

 


7月5日(火) ライブ 19:30〜 2000円
  某ゆきの(vo,g)
 
ごくごく自然に日常のように、テンションの高いライブをサラサラやってしまう。非日常なのに、日常のようにやってしまう。不思議な感じがあるけど、普通に見えてしまう。声も相当にでかい声を張りよく出しているけど、無理している感じは全くない。シャウトしているけどシャウトしているように見えない。リズムに切れがあって、ビシッと決まっていて、だから自在にコントロールできる。こんな人はなかなかいなくて、巻き込まれてしまって、違う世界へ連れて行ってくれる。
 



7月6日(水) ライブ 19:00〜 1500円
  蛯原幹生(ds)
  小猿輝(g)
  野道幸次(ts/ss)
  やちり(as)
  あたしよしこ(打撃g)
 
はいどうも!やちりです。今回のインプロセッションは、大阪のエビちゃん・テルくんを迎えて、名古屋からは野道さん・あたしよしこさん・私がホストになって、楽器を持って来たお客さんも巻き込んでの、おなじみKUKU方式でセッションしましょう!という日です。エントリーは当日やるよ!と言っていただければ、大歓迎です。ボイスもダンスも勿論ありです。待ってる!きっと待ってる!!(やちり)
この面子で楽しく音遊びします!(野道)



7月7日(木) ライブ 19:30〜 2500円
  伊藤史和(g)
  臼井康浩(g)
  DUO
 
二人のギタリスト
Fumikazu Ito&Yasuhiro Usui
即興ならではの繊細な美しさと躍動を求めて。
?オリジナリティ豊かな世界を表現するコンテンポラリーギタリスト、伊藤史和
即興音楽を探究し世界を舞台に活躍するギタリスト、臼井康浩
 乞うご期待



7月8日(金) ライブ 19:00〜 投げ銭
  Blacky(vo) ソロアカペラライブ」
 
ボーカリストBlackyが、文字通り声だけで様々なジャンルの歌を思いを込めて多彩な表情で歌い上げます。



7月9日(土) ライブ 19:00〜 2500円
  元橋たいぞう(vo,g)
  江口晶(vo,ウクレレ)
  藤井聡
(vo,g)
 
藤井 聡ーさとしー
愛知岐阜を中心にライブ活動を展開。
夜のハイウェイで独り叫ぶかのようなエモーショナルな楽曲が、支持を得ている。


7月10日(日) ライブ 19:00〜 1500円
  石川橋万太郎(vo,g)
  ゴトウケンジ

  Johnny Guitars
 


月12日(火)は、臨時休業です。よろしくお願いいたします。


7月13日(水) ライブ 2階開場19:00 開演19:30 2000円
  照喜名俊典×波多野江莉ユーフォニアムライブ
   照喜名俊典(ユーフォニアム)+奥村俊彦(ピアノ)
   波多野江莉(ユーフォニアム&ボーカル)+伊藤勝寛(ピアノ)

 
オリジナル曲たっぷりのユーフォニアム祭り!
照喜名俊典(ユーフォニアム)と奥村俊彦(ピアノ)のソロと、初登場!波多野江莉(ユーフォニアム&ボーカル)と伊藤勝寛(ピアノ) のステージをお楽しみください。
ご予約&お問い合わせ:tterukina@hotmail.com(テルキナ)


月14日(木)は、臨時休業です。よろしくお願いいたします。


7月15日(金) ライブ 19:30〜 投げ銭
  Aco*ouch??!(アコアウチ)[昌山登世史(ag)高田知也(b)近藤久峰(per)]
 
ガットギターとアップライトベースにカホンセットのアコースティックトリオ。予定調和を避け、破壊と構築のぐるぐるループをモットーにouch??! なサウンドでお送りいたします。


7月16日(土) ライブ 19:00〜 2000円
  一ノ瀬大悟(contrabass)
  酒井美絵子(ds)
  puyo(as.ss)


嗚呼、花の応援団!
 


7月17日(日) ライブ 18:30〜 2000円
  ハルミ(ゲストper.中西健雄)
  附柴亜弥
  kamala
 
〈ハルミ〉
1978年愛知県出身。日本の歌うたい。アコギ弾き語り。東京拠点に元気に吠え転がっています!近年はロックバンド「Umbaba」と、アイリッシュロックバンド「ウンババ奇譚」でも活動。2022年5月より、2nd solo album 「Umbaba!!」発売中。
〈附柴亜弥〉
ロックバンドのボーカリストとして音楽活動を始め、2017年ソロ活動を始める。現在、ロックバンド「Daisy bells 」のボーカルギターとして活動。ソロでは7弦クラシックギターを相棒に活動中。
〈kamala〉
お婆ちゃんになっても唄っていようと想います。よろしくお願いします。



7月19日(火) ライブ 19:30〜 3000円
  不破大輔(b,g,vo) ソロ
   ゲスト:谷向柚美(vo)
 

 


7月22日(金) ライブ 19:30〜 2000円
  RTZ [武藤祐志(g)+加藤雅史(b)+大森ひろ(ds)]

本日の、このライブですが、私の身内の不幸により、私不在です。このため、本日は料理をお出しすることができません。飲み物のみの営業となります。ご了承くださいませ。
ライブは、通常通り行います。演奏をお楽しみください。

 
前回のライブは『すごくいい演奏だった。ワクワクした。武藤くん、野性的な演奏から穏やかな美しい演奏まで、取り揃えて見事だった。ルーパーの使い方も上手。加藤さんもベースをブインブイン鳴らしてワイルドだった。全力が出し切れている感があって、いい演奏。大森さんも曲調を見事にとらえて、締まったいいドラミング。』


7月23日(土) ライブ 19:30〜 2000円
  菖蒲谷徹(pf,compose)
  ハラ★タカシ(g)
  坂田こうじ(ds)
 
先日、今池遊覧音楽祭にも出して頂いて沢山の出会いと経験を3人でまた積む事が出来たので前進したというか、充実しているTRIO。
私、菖蒲谷(ショウブダニ)のオリジナルを3人でバキバキやります。コロナで急遽決まったTRIOですが窮鼠猫を噛む!状態で続いてます。現代音楽ベースの楽曲をやってます。是非いらしてください。


7月24日(日) ライブ 19:00〜 100円
  草莽妖艶奇音祭
   三浦史洋スペシャルロマンチックバンド [三浦史洋(vo,g)+ひだかひとみ(vo,g)+puyo(as)+G子(vo,g)+中西健雄(per)]
   
あきこ (vo,サンポーニャ)+puyo(as)+G子(g)+中西健雄(per)
   Mr.F(一人唄い)
   蘭(cla)
やっとかめ、なんやライブ
今夜は多彩なメンバーで奏でる妖奇艶福笑演
皆様、楽しんでいただければ、幸いで。   かしこ   (三浦)

    
 
 


7月26日(火) ライブ 19:00〜 2000円
  マルコフェルナンデス(g,vo)
  臼井康浩(g) ソロ
  原れいこ(voice) ソロ

 


7月29日(金) ライブ 19:30〜 2000円
  野口UFO義徳(djembe)
  石渡岬(tp)

 

アフリカンパーカッショニスト 野口UFO義徳と
渋さ知らず等で大活躍中のトランぺッター 石渡岬による定例DUO
これまでゲストを交えての+1形式でしたが
今回は久しぶりにDUOでガッツリやります。
 


7月30日(土) ライブ 19:30〜 2000円
  柳川芳命(sax)
  清水温度(gt)
  小野浩輝(electronics)
  木全摩子(ds)
 
岐阜インプロ界の秘密兵器、清水温度(gt)を交えて、ひたすら切れ味とスピードを追い求める気鋭メンバーで
なんやに初登場。アンビエントなダウナー系もいいけど。スパイシーなアッパー系もやらないとね。(やな)
 


7月31日(日) ライブ 2階開場18:15 開演18:30 観覧料金 予約/当日共に1000円(別途飲食代) スラムエントリー1500円
  『シン・Co-cage + NSWS予選#4』(シンコカゲプラスエヌエスダボエスヨセンソノヨン)
前半にスラム(NSWS予選)
後半にゲストライブ3組

出演 : 輝SuRGE / 【件-空断-】 / ドルヲタ漫談れもん2kaikai
(主催・鈴木陽一れもん)

 


8月2日(火) ライブ 19:00〜 投げ銭
  「ちょいカラ夏桟敷」
  
 ふくろうラヂオ[Blacky(vo)+福田展博(g)]
 
(ふくろうラヂオ)
東京在住のBlacky(Vo)と大阪在住の福田展博(G)のデュオ。ジャズ、ソウル、昭和歌謡、昭和アニソン、オリジナル、果ては民謡まで
「ふくろうラヂオ」ならはでの音の玉手箱アレンジでお届けします。
 


8月3日(水) ライブ 19:30〜 2000円
  「独管十八弦」?どっかんじゅうはちげん?
  ・Kei-K (a.sax)+あたしよしこ (打撃guitar)
  
・游魚(guitar)+踝打無 (guitar)
 

瞬間の閃きを管と弦で体現する即興ライブ
 


月4日(木)は、臨時休業です。よろしくお願いいたします。


8月5日(金) ライブ 19:30〜 投げ札
 
かっこいいぞ!


8月6日(土) ライブ 19:00〜 1000円
  桑原滝弥自伝詩集 『詩人失格』 発売記念 the ” 生 -なま- ” (名古屋編)
演劇界、パンクシーン、ゲイカルチャー、バックパッカー生活、そして詩の世界へ…
波乱に富んだ現実を駆け抜けてきた、 詩人・桑原滝弥の自伝詩集がここに誕生。

この「詩人失格」刊行を記念して、ライヴイベントを全国各地で開催。自伝のなかの同時代を、桑原滝弥とともに生きた縁の深いゲストを招いての深堀りトークセッションや、製作秘話、観客からの質問コーナーなどを行います。
ラストには、一部ゲストも登場する、この日だけのスペシャルパフォーマンスをお届けします。
  
◇出演
桑原滝弥(詩人)
◇ゲスト
古田一晴(映像作家/ちくさ正文館)
中川寛(詩人)
葉月之寛(詩人)
◇司会
鈴木陽一れもん(詩人)

※早めのご予約・ご来場をお勧めします。
※マスク着用でのご来場をお願いします。
※疫病流布、自然災害等の予期せぬ事態により開催が延期となる可能性があります。
※関連サイト「桑原滝弥・情報ブログ」 http://shijinrui.blogspot.jp/ をご確認の上、ご来場ください。

◇お問い合わせ
詩人類 TEL 090-8545-2708 takiyakuwahara@yahoo.co.jp

※ご予約希望の方は…
○氏名(フリガナ付き)
○観覧人数
…を添えて上記問い合わせ先へお申し込みください。
…お電話でももちろん受け付けております。

☆終演後、「詩人失格」即売会を行います。すでに本を購入済みの方もご持参いただければ、サイン、記念撮影など、お応えします。


8月7日(日) ライブ 19:00〜 2500円
  モンスターロシモフ
 

何にもないただの空間に、3人が、あれだけの音の世界を作って行くのだからおもしろいものだ。たった3人で充実したモノができちゃうんだね。いい音だ。愉快痛快奇々怪々。2時間半に迫る熱演を堂々と熱く演る。


月8日(月)から8月12日(金)は、夏休みです。よろしくお願いいたします。



8月13日(土) ライブ 19:30〜 2000円
  ”dug-saka(ダグさか)” [ダグ伊藤(key)+坂田こうじ(ds)]
 

いったい何処へ向かってゆくのでしょうか。鍵盤(ダグ伊藤)と太鼓(坂田こうじ)によるデュオ、二ヶ月に一度のライブを経て活動は三年目に突入。なかなかのゆるさからは想像し難い、相反する打ち上げと演奏は、きっと今回も全開間違いなしでしょう。ジャズ等のテーマを扱いつつ、即興演奏とを気ままに行き来する姿は、まるで着地の見えない遠い旅路のよう。さぁ、飛びますよ!
 



8月14日(日) ライブ 19:00〜 2000円
  おかわりカルボナーラ [ガイ(g)+MAD SAX(ts)+石渡岬(tp)+NOAH(b)+野々山玲子(ds)]
  空港図 [踝打無(g)+蛯原幹生(ds)]
   ゲスト : 浅井一男/後藤宏光/月姫うさぎ
   ゲスト : 松井智恵美(デジタルライブペインティング)
(出演できなくなりました。)
  
 
 


月17日(水) ライブ 19:30〜 2000円
  泉 邦宏(vo,sax,g,per,etc)
 
常に変化し続けている人。毎回毎回新しいことが、何かしら増えている。常に自由であり続けているからこそであり、そうでないとおもしろくないんだろう。そして、器用にこなしていく。ここも見所の一つ。何よりも、出てくる音楽がおもしろい!エキサイティングだ。


8月18日(木) ライブ 19:30〜 3500円
  林栄一(as)
  小埜涼子(as)
 
壮絶な程に迫りくるアルトサックスの音と、痛快な程に響き渡るアルトサックスの音とが織りなす綾の見事さよ!アルトサックスには、自由がある!


8月19日(金) ライブ 19:30〜 投げ銭
  Aco*ouch??!(アコアウチ)[昌山登世史(ag)高田知也(b)近藤久峰(per)]
 
ガットギターとアップライトベースにカホンセットのアコースティックトリオ。予定調和を避け、破壊と構築のぐるぐるループをモットーにouch??! なサウンドでお送りいたします。


8月20日(土) ライブ 19:30〜 2000円(出演者に変更ありました。)
  菖蒲谷徹(pf)
  フジイトモユキ(reeds)
  新井田文悟(b)
  ゴーレム佐藤(叫び)
   ゲスト 紺野将敬(perc)
 
東京でやっている「忘却エンジン」というバンドでドラムを担当している紺野将敬さんを東海に紹介したい!そんな思いから始まった企画。二本作ったのだけど一本は諸事情でなくなってなんやさん一本になりましたが、それはそれで時世として。素晴らしいリズム!そして昭和歌謡からヤクザ映画から仕事人まで網羅する知識!是非この機会に紺野将敬さんをお見知りおきを!!ベースには即興ではいつもお願いしている新井田さん!そして菖蒲谷!是非!是非!いらして下さい!


8月21日(日) ライブ 19:00〜 投げ銭(このライブは中止となりました。)
 
「曲線carve 10」
  サイン加藤(パフォーマンス)
  Blacky(voice) 
 
ベテランパフォーマー サイン加藤とジャンルを飛び交うボイスBlackyによる不思議な即興世界へお招き致します。


8月22日(月) ライブ 19:30〜 2000円
  野道幸次(sax)
  よしおかなおき(contrabass)
  Akio James(ds)
 
2022の前半に、野道とジェイムス出会って、bar issheeという東京の店で、初めて演奏しました。8.22に、よしおかなおきとのトリオで、御器所なんやで、即興演奏をします。(Akio)
東京で出会ったJames君、名古屋で再び向き合います。吉岡直樹を迎えて即興でやります。是非!(野道)



8月23日(火) ライブ 19:30〜 2000円
  Sailorman [森順治(as/bcl/fl)+林哲也(g)+横山知輝(b)+石原雄治(ds)]+野道幸次(sax)
  
パンクロックの世界からやって来た林、横山、石原の3人がフリージャズの雄、森順治の呼び掛けで集結した4人組インプロヴィゼーションバンド。
2020年の結成から東京各所にて演奏。即興大航海中。(横山)
東京で出会ったSailorman 一緒に演奏します。是非!(野道)



8月24日(水) ライブ 19:30〜 2500円
  藤掛正隆(ds)
  臼井康浩(g)
  小野浩輝(electronics)
 
3月のHEAVENLY ARMSから半年ぶりのなんや出演となるドラマー藤掛正隆によるセッション。今回はノイジーにアバンギャルドにアプローチするユニットとして、名古屋を拠点に活動する即興ギタリスト臼井康浩、エレクトロニクスの奇才 小野浩輝との初トリオ!乞うご期待!


月25日(木)は、臨時休業です。よろしくお願いいたします。
--次は、なんやでのライブではありません。場所は、Tokuzoです。---------
8月25日(木) 今池 Tokuzo 開場18:00 開演19:00 前売2500円 当日3000円
 緋連雀 [齋藤直子(as)+野口UFO義徳(djembe)+笠井トオル(b)]

 人間万事塞翁が馬バンド[puyo(as)+谷向柚美(vo,key)+G子(g)+笠井トオル(b)+近藤久峰(ds)]
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


8月26日(金) ライブ 19:00〜 2000円
  Plastic Dogs [小埜涼子 (sax)+武藤祐志 (grind-guitar)+林剛史 (heavy-guitar)+上ヱ地宏太 (drums)]
 
 

他に類を見ない徹底的な決定的な、といった形容ができるバンド。すごく楽しい。笑えるくらい楽しい。


8月27日(土) レコードコンサート 18:00〜0:00 無料
  MY HOUR  「SUMMER SONGBOOK A」
   
選曲 : トキオ , 山口隆弘



8月28日(日) ライブ 19:00〜 2500円
  て゛らハッヒ゜ィ シ゛ョイント【白根キヨマロvs.森香】
   ガンプラとんとん相撲御器所場所開催!
   
森 香(vo,g)
   白根キヨマロ(vo,g)
   鬼熊敦朗
   蘭(cla)も
   puyo(sax)も
  
岐阜の歌う核弾頭とは白根キヨマロのことだ。
カンドカンとハートを撃ち抜く歌に身を晒してみるがいい。「元気」になるから。ところで、今の世の中で生き抜ける一番の力ってなんだと思う?「元気」だよ。森香はそう思います。来てね。

 


8月29日(月) ライブ 2階開場18:30 開演19:30 1500円
  小松婆羅バラ(voice)
  「泥沼工務店」(現場担当者 削岩:木全摩子 電設:浅井一男)
  
【小松婆羅バラ】
バンド『隣人』、『びわこノイズサミット』、『放心団』の3バンド及びユニット『櫂櫓頭』にて草食系猛獣咆哮ボイスを放つ、没主体の主体。
演じつつ見ると見られるの主客の反転を企む。
2021年、柳川芳命氏(as)とのDUOでデジタルアルバム「咆哮」発売。
ソロでの活動も開始した。

泥沼工務店】 混沌から美を発掘する公開作業現場
 



月30日(火)は、臨時休業です。よろしくお願いいたします。


8月31日(水) ライブ 19:30〜 2500円
  夢野カブ(vo,g) SOLO ACT TOUR2022?COMIC STRIP?
   ゲスト:ムラカミサトシ(b)
 
 


9月1日(木) ライブ 19:30〜 2000円
  ナオユキ
 
ナオユキさんは、こみあげるおもしろさがある。川柳を立て続けに聞く感じ。じっくりと気軽に楽しみましょう。


9月2日(金) ライブ 19:30〜 2000円
  「ニ管打弦2」
?にかんだげん?
   丸市(ds)+あたしよしこ(打撃ギター,vo)
   伊藤誠(ts)+puyo(as,ss)

 
瞬間から永遠に、即興の宇宙


9月3日(土) ライブ 19:30〜 2500円[佐藤正治さんの体調不良の為、中止になりました。]ライブ中止のため、臨時休業いたします。
  佐藤正治(ds,per,g,vo) ソロ
 
佐藤正治(作曲家、打楽器奏者)
静岡県三島市出身。打楽器、声を駆使し「地球の音」を追いかけ、世界を股にかけるアーティスト。 ドラミングは勿論、打楽器と声を自在に操るエネルギッシュな表現は、各国で非常に高い評価を得ている。 2020 年には、4パートをドラムのみで構成した、ドラム組曲「NAKED ~ 火水風地 (KA, SUi, HUU, CHI) ~」を YouTube 等で発表。他に類を見ない、彼のソロパフォーマンスは、新たなドラムの表現の可能性を世界に示した。 2021 年、2022年、俳優、原田大二郎との「朗読とパーカッションの新世界」ツアー では、朗読と音が一体となった、今までに出会った事の無い新世界を創り出し、大好評につき2022年の秋ツアーも決定した。又、作曲家として、様々なアーティストへの楽曲提供、CM、映画音楽等、多くの作品を手掛ける他、シドニーオリンピック新体操日本代表の演技曲、NHK スペシャル「大アマゾン最後の秘境」 の音楽を担当。加川良の「みらい」を共同プロデュースする等、音楽プロデューサーとしても活躍。 MASSA(細井豊、太田惠資)他のバンドを主宰すると共に、ヒカシュー等のバンドへも参加。書家、身体表現とのコラボレーション、ワークショップ、岩松了脚本の舞台「シダの群れ 3」に参加する等、 新たな表現を追求すべく、日々意欲的な活動を続けている。


9月4日(日) ライブ 19:30〜 2000円
  石田力(vo,key,g)+よっぴん(b)
  イトギクモナカ[出雲茉紀子(vo,key)+鵜飼恭子(vo,key)]
  
前回お休みしたよっぴん交えて、オトナ音楽遊びの会のリベンジ公演!
 


9月6日(火) ライブ 19:30〜 2500円
  上地gacha一也(wb) from 沖縄
  山?直人(per) from 埼玉
  臼井康浩(g)
沖縄の即興シーンを牽引している浦添Grooveのオーナー、ガチャピンさんが久々に名古屋でやってきます。下地勇のプロデュースをはじめ、ジャズのみならず、ロック、島うた等ジャンルを超えて幅広 く活動する、沖縄でもっとも注目されている音楽家であり、重要人物!!!今回は、自然や日常から音楽となる前の音を探求するパーカショニスト山?直人、名古屋在住の臼井康浩とのインプロライブ!!
 
上地Gacha一也 (W.Bass) from 沖縄
沖縄のアンダーグランドシーンを支えている浦添Grooveのオーナーにして、ベーシスト。ポップスからロック、ジャズ、即興音楽、フリージャズまで幅広く演奏活動している。国外のアーティストとも数多く共演し、近年はタートルアイランドのアコースティック小編成バージョンALKDOでも活動。
 
山?直人 (per) from 東京
ドラム、打楽器奏者。音楽以前の音楽を探求し、日常からの音や流れから生じる“リズム・響き・間”を大きなうねりにのせ、あらゆる空間を音と共に旅をする。
 
臼井康浩 (gt)
 名古屋在住で国内外で即興演奏を中心に越ジャンルで活動するギタリスト。即興を音楽の源点と捉えて、年間100本前後のライブを行う。舞踏、書家、詩人、画家 らとの異ジャンルコラボも積極的に行い、近年は即興演奏する際の考え方であるインプロ思考法という独自のアプローチも発信している。http://www.usui-yasuhiro.com



9月9日(金) ライブ 2階開場18:30 開演19:30 2000円
  小埜涼子(as)
  小野浩輝(electronics)
  金子ユキ(vln)
  大島祐子(ds)
 
フランス在住ドラマー大島祐子が帰ってきた!20年来の盟友とともに繰り広げるセッションライブではインドヴァイオリニスト金子ユキとエレクトロニクス小野浩輝、サックス小埜涼子とともに台本なしの行き先不明の超特急。このインパクトの強い一晩の出来事をぜひお楽しみください。


9月10日(土) ライブ 19:00〜 2000円
  戸谷肇(b)
  木全摩子(ds)
 
かわいいからと思って油断すると、手加減のない肘鉄砲が飛んでくるようなスパイシー&キュート。インパクトのあるドラミングをお楽しみください。ガチでドラマーと対峙するのは初。(トタニ談)
風に舞う桜の花びらもまた美しい…イメージの音色のベーシスト戸谷さん??演奏中の表情は河口へと広がっていく『川』の様に包容力を感じます。この2人がどうなるかご注目をば??(摩子談)
 



9月11日(日) ライブ 18:30〜 前売2500円 当日3000円
  「ジュテーム兄弟」 御器所なんや武道館
   最鋭輝(vo,g)
   白根キヨマロ(vo,g)

  
予約各アーティストまで
  
ムード界とパンク界のジャンルを超えて「なんや武道館」に集結!合言葉は「ジュテーム」どうぞお楽しみに!


月13日(火)は、臨時休業です。よろしくお願いいたします。


9月14日(水) ライブ 19:30〜 2000円
  谷向柚美(voice)
  笠井トオル(b)
  


9月15日(木) ライブ 2階開場19:00 開演19:30 2500円
  でらハッピィ?2デイズ コトバノヤイバ ウタノキバ キタカラノシカク Day1
  
て゛らハッヒ゜ィ?シ゛ョイント 【高畑ひらくvs.森香】
   高畑ひらく(vo,g)
   森 香(vo,g)
 
内包世界のビッグバンを聴く。
福島県喜多方市から来たる北方訛りのラブソングと誰も歌にしない題材を取り上げた文学系シンガー高畑ひらく。
一見のどかな風態で素朴な言葉を積み重ねていくのだが、気がつけば世界を心をスパッと切っている。そしていやがおうにも脳内宇宙が膨張していく。油断出来ないぞ。




9月16日(金) ライブ 2階開場19:00 開演19:30 2500円
  でらハッピィ?2デイズ コトバノヤイバ ウタノキバ キタカラノシカク Day2
  て゛らハッヒ゜ィ?シ゛ョイント 【竹内一成vs.森香】
   竹内一成(vo,g)
   森 香(vo,g)

 
竹内一成、長野県佐久市出身。小学生の頃家出をして以来、日本中を流離う生粋の放浪者、持て余すほどの音楽センスと構築力。狂気とセンチメンタリズムの間で叫ぶその歌に聞く者は強烈な非日常感に打ちのめされる。ありきたりの日常の中で噛み砕いて呑み込んできた誰もが持っている悔しさにこんなにも正面から挑んでいる歌を聞いたことがない。


9月17日(土) ライブ 19:00〜 2000円
  武藤宏之(electronics)
  Kaoru(performance)
 

パフォーマーのkaoruと、エレクトロニクスの武藤宏之がはじめてデュオをやります。
基本フリーインプロですが、ダイナミックな表現を得意とする二人が故、極限まで突き進んでしまう可能性が。
なので、敢えて「謐/洩」というテーマを設けて演奏をします。断崖絶壁すれすれに立つ二人の演奏をお楽しみに。


月18日(日) ライブ 開場18:15 開演18:30 21時30分終演予定 観覧料金 予約/当日共に1000円(別途飲食代)  スラムエントリー1500円
   NSWS予選#5
スラム(勝ち負けのある大会)NSWS予選と
ゲストライブ、
ひらやまやすし
(主催・鈴木陽一れもん)

 



9月21日(水) ライブ 19:30〜 2000円
  原れいこ(vo,p)
  臼井康浩(g)

 
今までの即興ライブに、今回は原れいこのピアノ弾き語りによるオリジナル曲も取り込んで、様々な表情を期待できるDUO


月22日(木) ライブ 19:30〜 2500円
  ナベジ(vo,g)
  NAOMI(vo)&MOJO(vo,g)

  
 


月23日(金・祝) ライブ 19:30〜 2500円

  NOUS(ヌース)[柳川芳命(as) 菊池行記(electronics) 小林雅典(g)]
  うすらび[利光曉子(g,vo)+川口雅巳(b,vo)+諸橋茂樹(perc)]
約9か月の沈黙(と言うか只の怠慢)を破る<NOUS>、東京からサイケデリック、アンダーグラウンドなロックシーンで活動してきた3人による<うすらび>の2メンのライブです。両バンドとも言葉では説明できない演奏なので、実際に聴いていただくのがよろしいかと。(やな)

 
 
NOUS(ヌウス)
2019年9月、納屋橋の特殊音楽バーSCIVIASで行った菊池行記electronics、小林雅典guitar、柳川芳命alto-saxのセッションを起点に、<NOUS>としてバンドの活動を始める。同年11月に今池の海月の詩、翌2020年1月に同じく海月の詩で<ナカタニタツヤ+河端一>、<Hyakuyoso>と共に出演。同年3月には京都Zac Baranに<MUK(Kei-K、Take-Bow、Meg Mazaki)>と共に出演。以後コロナ禍のため予定したいくつかのライブは中止になったが、2020年8月、11月にはなんやにてワンマンでライブを再開。12月には四日市Take Zeroでのフリージャズ忘年会に出演。2021年6月なんやでワンマンライブ、12月SCIVIASにて<WS+NOUS>で出演。今回のなんやでの出演は、9か月ぶり通算9回目のライブとなる。

うすらび
利光暁子(vo,gt) 
90年代後半より女性ロックバンドDoodlesで活動開始、ギューンカセット、アルケミーよりアルバムをリリース。ソロでも演奏する他、JOJO広重のバンドにもギタリストとして参加。あみのめでの活動を経て、2019年うすらびを結成。
川口雅巳(b) 
自身のバンドニューロックシンジケイトを中心に、灰野敬二のTHE HARDY ROCKS、裸のラリーズどろんこのLOS DORONCOSで活動する傍ら、即興系ミュージシャンとのセッションも頻繁に行っている。
諸橋茂樹(per) 
90年代より川口と共にサイケロックバンド、ブルームダスターズで活動、現在は魔術の庭、宇宙エンジンなど東京アンダーグラウンドシーンの中心的バンドにドラマーとして参加している。
 


9月24日(土) ライブ 19:30〜 2500円
  アンバーランバー

 

【amber lumber】
ウイスキーボイスと呼ばれるONE&ONLYな歌声の持ち主森永JUDYアキラと、HM/HR界で活躍中の山本征史が出会い2017年1月結成。
アコースティックギターとアコースティックベースというシンプルな編成だけど信じられないぐらいグルーヴィー!ジャンルの垣根を越えたグルーヴ、エモーショナルな楽曲に要注目!!
 


9月25日(日) ライブ 18:30〜 2000円
  
3といふ」?counting?
   浅井一男(electronics)
   サイン加藤(performer)
   かかむ あきこ(performer)

 
雑音行狂楽…浅井一男、気体を操るゼンエイパフォーマー…サイン加藤、体響人…かかむ あきこ、3人の繰り拡げる すう の世界。−その壱−


9月26日(月) ライブ 19:30〜 2000円
  畠山智行(vo,g)
  
畠山智行
津軽魂のアルバムもおかげさまで完売間近となり
津軽弁アルバムを受け止めて応援して頂いた皆様に
感謝を込めて津軽弁歌、標準語歌半々のセカンドアルバム作りました「津軽の風」
どうぞ皆さま可愛がってやってくださいませ。

 


月27日(火)は、振替休業です。よろしくお願いいたします。


月27日(火)は、振替休業です。よろしくお願いいたします。


9月28日(水) ライブ 19:30〜 2000円
  
philip gayle(フィリップ・ゲイル)(g) ソロ
  puyo(as,ss) ソロ
  
Philip Gayle
デレク・ベイリーやジョン・フェイヒィ、ローレン・コナーズといった大御所勢と時には並び称され、またFamily Vineyardからの諸作でも知られている、ニューヨークを拠点にマルチに活躍を続けているインプロヴィゼーション・ギタリスト。2022年4月に新作のソロアルバムを完成、年内発売予定。
https://soundcloud.com/philip-gayle-1