店主 puyo のライブ2023年    2015年以前のことはこちら   2016年  2017年  2018年  2019年   2020年   2021年   2022年


2023年

1月30日(月) ライブ @池下ストレガhttps://sites.google.com/view/streganagoya/top 開場18:00 開演20:00 投げ銭
  樋口智美のジャングルクルーズ」 〜今夜も乗ってみる?〜
   ゲスト:puyo
 



2月9日(木) ライブ 19:30〜 2000円
  人間万事塞翁が馬バンド[puyo(as)+谷向柚美(vo,key)+G子(g)+笠井トオル(b)+近藤久峰(ds)]
 

馬バンド、2023年一発目のライブ。いいバンドなので、今年もどうぞお越しください。



2月24日(金) ライブ 19:30〜 2000円
  「ニ管打弦3」
 にかんだげん3
   丸市(ds)+あたしよしこ(打撃ギター,vo)
   伊藤誠(ts)+puyo(as,ss)
 


3月3日(金) ライブ 19:30〜 1000円
 3月特別企画 世界初 「horn alone ホーン・アローン」
  管楽器ソロライブ月間!! 10人のミュージシャンが表現する孤高の10日間 vol.1
  puyo(as) ソロ

 



3月19日(日) ライブ 19:00〜 2000円
  びわこノイズサミット [小松バラバラ(voice)+Edge Minami(A.Sax.)+トタニハジメ(fretless bass)]
  人間万事塞翁が馬バンド [puyo(as)+谷向柚美(vo,key)+G子(g)+笠井トオル(b)+近藤久峰(ds)]
  
びわこノイズサミット
即興という最大公約数をもとに滋賀の地で集まった3人が、それぞれの引力でスイングバイされて加速、または衝突の轟音を響かせる、または穏やかなしじまを生む。
縷々綿々と変化を続ける水のごとき音と、惑星が生まれる際に発した音を、人為的に会合させる試み。
聞いた後、存在が音とともにあることを祝福したくなる、そんな音楽集団です。

人間万事塞翁が馬バンド
puyo還暦を前にして、早川岳晴さんから一緒にやろうとのお誘いに応えて集めたメンバー。ところが最初に予定していたライブの直前に、早川さんが骨折。仕方がないので、ベースレスでライブを決行。なかなかうまくいったのと、なぜかそのライブのチラシに「人間万事塞翁が馬」と書いたのがその如くになってしまったことをあわせて、このようなバンドが成立。ベースに新たに笠井を迎え、洋洋と船出。



4月2日(日) ライブ @得三 開場17:00 開演18:00 前売3300円 当日3500円
  アニマル・フェスティバル
   緋連雀? [齋藤直子(as)+笠井トオル(b)+?野口UFO義徳(Djembe)]
   
animal lovers [柳川芳命(as)+マツダカズヒコ(g)+小野浩輝(electro)+木全摩子(ds)]
   人間万事塞翁が馬バンド [puyo(as)+谷向柚美(vo,key)+G子(g)+笠井トオル(b)+近藤久峰(ds)]

   plastic dogs [小埜涼子(as)+武藤祐志(g)+林剛史(g)+上エ地宏太(ds)]


6月8日(木) ライブ @得三 詳細未定
  昭和どんちゃらリン[あたしよしこ(うた)伊藤誠(Sax, G)一談(Dr)]
  人間万事塞翁が馬バンド [puyo(as)+谷向柚美(vo,key)+G子(g)+笠井トオル(b)+近藤久峰(ds)]



---------------------------
以下は、過去のことです


日付の新しいものから順に昔にさかのぼります。



1月27日(金) ライブ 19:30〜 2000円
  『ALTO saxophone DUO』
     齋藤直子(as)+阪本テツ(as)
 
アルトサックス2本のみの即興DUOです。
2021年6月より活動をスタート。
即興とはいえ、旋律も和声もリズムも有り。
伸縮自在の2人の距離感でカラフルな音楽をお届けします。東京を飛び出しての初ライブ。

 


アルトサックス二人のDUO。二人が近い所から始まり、離れていき、また近寄って。音も近い所にいたり、離れたり。ピンポンダッシュして離れていったり、そのまま居たり。おもしろかった。いいコンビだと思う。楽しかった。最後一曲混ぜてもらった。やっぱりアルトで。音色、フレーズの違いが楽しかった。


1月22日(日) ライブ 19:00〜 2500円
  アンバーランバー
 

【amber lumber】
ウイスキーボイスと呼ばれるONE&ONLYな歌声の持ち主森永JUDYアキラと、HM/HR界で活躍中の山本征史が出会い2017年1月結成。
アコースティックギターとアコースティックベースというシンプルな編成だけど信じられないぐらいグルーヴィー!ジャンルの垣根を越えたグルーヴ、エモーショナルな楽曲に要注目!!

 


なんともいいバンド。どんな楽器の組み合わせでも、どんなノイズ音でも、取り込んで昇華させてしまう。いい曲になる。ギター+ベースだったり、ベースだけだったり、ベース+ドラムだったり、縦横無尽であるよ。すごく良く回っているのだね。ライブはめちゃめちゃ良い。楽しいし、おもしろいし。アンコールで2曲も参加させていただいた。幸せです。


1月11日(水) ライブ 19:30〜 投げ銭
  小埜涼子(as) ソロ
   ゲスト puyo(as,ss)

  



小埜さん、やはり、凄いですね。鮮やかです。音の切り方・丸め方みたいなことから、音色の変え方とか、センスがとてもよろしいです。途中からご一緒させていただきました。いろんなことがわかります。自分のこと、小埜さんのこと。大変楽しい出来事でした。