なんやの過去の出来事  2019年

    2006年   2007年   2008年    2009年   2010年   2011年   2012年   2013年    2014年   2015年  2016年  2017年   2018年


2019年 7月から12月  1月から6月はこちら



7月3日(水) ライブ 19:30〜 2300円
   鈴木常吉(vo,acc,g)
   横山知輝(contrabass)
   

お忍びでライブを見に来ていた忌野清志郎を唸らせた常さん。深夜食堂のテーマ「思ひで」で多くのファンを獲得しました。最近は、映画でオダギリジョー、蒼井優等と共演し、役者としても強い存在感を放っています。死生観を通して見る何気ない日常の儚さ、素晴らしさを歌い上げる市井のブルースは、あなたの琴線に触れることをお約束します。(坂井)



7月5日(金) ライブ 20:00〜 1500円
  野道幸次(sax)
  加藤雅史(contrabass)
  

加藤雅史(bass)野道幸次(ts)duoのFree Improvisation Live!! どの様な音画を描くか?…無造作に投げた1音から始まるのか?


7月6日(土) ライブ 19:30〜 1500円
  音のひと*ゆうな(和太鼓・篠笛・踊り)
  小林雅典(g)
  puyo(as)

 
音に魅せられて音から離れられない人達。音に対してのスタンスは、3人とも違う感じがするけど、だからこそ、おもしろいんだろうな。どかどかとダイナミックに、アンニュイに、ロマンチックにいきたいものだ。
 


7月7日(日) ライブ 開場17:30 開演18:00 前売(予約)3000円 当日3500円
 【龍之介ワンマンライブツアー2019夏】
  龍之介(vo,g)

 

声の美しさは無上で、演奏の確かさは至極で、とても丁寧なんだけれど、とてもパンクを感じるんだよね。不良少年なんかね。魅力のあるおもしろい人だね。いい歌を、ぜひ聞きに来てください。ゆったりと聞けるのに、体の中は熱くなるんだ。


月9日(火)は、臨時休業です。よろしくお願いいたします。


7月11日(木) ライブ 19:30〜 2000円(急遽決定いたしました。ライブスケジュール(印刷物)には載っていません)
  スーマー(vo,g,バンジョー)

 
歌声が何とも魅力的だ。これが一番!朝日のように柔らかい。バンジョーとギターがその味わいを見事に増す。スーマーの世界にどっぷりと浸されてしまう夜。


7月12日(金)は、午後9時開店です。


月13日(土) ライブ 19:30〜 2000円
  電子宮(でんしきゅう)[菊谷剛士(the バーナム)(g)]
  金子ユキ(vln)
  沖縄電子少女彩

  
電子宮〔でんしきゅう〕 菊谷剛士(theバーナム)のソロプロジェクト。架空箱庭紀行回転擬似音楽単色的極東。牡羊座。B型。

 
沖縄電子少女彩 プロフィール
生年月日: 2000年8月7日 身長: 160cm
2016年6月沖縄アヴァンギャルドテクノアイドル「Tincy」に加入 Tincyメンバーとして、沖縄を中心に東京や台湾でライブ活動を行い、
4枚のシングルCDをリリース。
2017年3月より「沖縄電子少女彩」名義でソロ活動を開始。 沖縄音楽、ノイズ、アンビエント、アブストラクトヒップホップ、
フレンチポップなど多岐に渡る楽曲を展開。
2017年12月初「DOMMUNE」に出演。
2019年3月にはDOMMUNE『沖縄電子少女彩 5時間スペシャル』特番が組まれる。
2017年 アイドル三十六房 R-グランプリで2000曲以上の中から とある星の物語が年間12位に選ばれる。
2018年1月ファーストアルバム 『サンジェルマン伯爵からの招待状』全国リリース
東京、大阪、熊本、福岡のアルバムリリースツアーを皮切りに、 活動を本格化。毎月、実験CD-Rをリリースするとともに、
海外レーベルからのオファーを受け楽曲をリリース。
アイドル、ノイズ、ロック、幅広いイベントに出演。
2018年5月 タンバリンアーティスツと業務提携。 2018年9月 活動拠点を東京に移す。
2019年2月 中華歌謡&エレクトリックミュージシャン 中華電子少女彩の名義でCDリリース
2019年5月 コラボレーションアルバム『Chastitiy』リリース
2019年8月セカンドアルバム『黒の天使』リリース
 
金子ユキ
インドスタイルのヴァイオリニスト。
元々ギタリストとしてバンド活動時はシタールギターなども演奏し、1998年に河端一(Acid Mothers Temple)、カネコテツヤとアシッドフォークユニット「Floating Flower」結成。
当時リリースしたアルバム2枚が海外各誌で絶賛され、CDやLPでリイシューされた。
その後、サイケデリック・ミュージックや即興演奏を追求していくうちにインド音楽に辿り着く。
2001年から北インド古典音楽のヴァイオリンを学び始め、現在は南インド古典音楽をDr. L.Subramaniamと元SHAKTIのL.Shankarに師事し、毎年渡印を繰り返している。
2014年、インド・ブッダガヤの世界遺産・大菩薩寺の『仏陀と平和の祭典』に出演。
2015?2018年、毎年台湾の『Asian Indian Festival』に出演。
インド古典音楽の演奏の他にも、エレクトリックヴァイオリンやシンセサイザー、ラップトップやルーパー使用してのソロ演奏、自身のバンド「Float」やその他のバンドのサポート、DJによるダンスミュージックとヴァイオリンを融合させるプロジェクトや、即興演奏でも様々なアーティストと共演するなどジャンルレスに活動。
2016年、ROVOの勝井祐二とのバイオリンデュオでライブアルバム”Mythos”や元Acid Mothers Templeのギタリスト田畑満と”Cano Cristales”をリリース。
2016年、2017年、エレクトリックヴァイオリンソロでヨーロッパツアーを敢行。
2018年、DJ Doppelgenger とセッションライブを各地で行い、CD「SESSION LIVE MIX」をリリース。
2018年、インド音楽などでオーストラリアツアー、2019年、タイツアーを敢行。
kanekoyuki.wix.com/kaneko-yuki


7月14日(日) ライブ 2階開場18:30 開演19:30 前売(予約)2500円 当日3000円
  
『ぼくはピース きみはイエーイ』?片山尚志×平井正也ふたり旅 名古屋編?
   出演:
平井正也、片山尚志

 
片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティの片山尚志とマーガレットズロースの平井正也。お互いをリスペクトしつつ、ライバルとして切磋琢磨する唄うたいふたりの人生劇場。お互いの楽曲をカバーしたり、ふたりで合作したオリジナル曲も収録したスプリット音源を引っさげて御器所なんやに大登場!!


7月16日(火) ライブ 19:30〜 2000円
  ナカヒラ ミキヒト(vo,g)
  小川ベム(vo,g)
  
ナカヒラミキヒト
味わい深いオリジナル曲と、独自の解釈でアレンジされたカバー曲を交えて、一度聴いたら忘れられない鋼の唄声とともに独特な世界を表現するシンガーソングライター。
都内のバーを転々としてきた後、現在はオリジナル曲を中心に弾き語りやバンド編成にてバーやライブハウス、ギャラリー、舞台やストリップ小屋などでも活動中。
芝居、踊り、映像、絵画、造形など様々なアートとのコラボレーションによる表現活動もおこなっている。
2012年に「夜の囚人」を、2015年に「夜明けの晩」をリリース。
《Web》
http://www.kemusi-blues.com/
《Facebook》
https://m.facebook.com/mikihito.nakahira
《YouTube》
https://m.youtube.com/watch?v=nVviogCfRvs