なんやの過去の出来事  2020年

    2006年   2007年   2008年    2009年   2010年   2011年   2012年   2013年    2014年   2015年  2016年  2017年   2018年   2019年


2020年 1月から6月


12月30日(月)から1月4日(土)まで年末年始休業です。どうぞよろしくお願いいたします。


1月5日(日) ライブ 19:30〜 2000円
  原れいこ(voice)
  木全摩子(ds)
   ゲスト : puyo(as)
 
ジャズ、ブラジル音楽、ロック、ポップス、オリジナルなど、多彩なジャンルを経験してきた原れいこと木全摩子
女性ミュージシャンによる即興DUOとして2019年秋に産声をあげて今回二度目のライブです

自由に楽しく、時にはスリリングにお届けします。


1月8日(水) ライブ 19:30〜 予約2500円 当日3000円
  
Trio Oddball
   渡辺隆雄(tp)
   臼井康浩(g)
   ハセタク(per)

 
空駆けるメロディー大地を揺さぶるリズム〜ブラジルとロックが 激しく交わる場所 ブラジルのリズムを取り入れつつ、独特の編成でロックする熱く激しいインストトリオ。”


1月9日(木) ライブ 2階開場18:45 開演19:00  500円
  「朗読練習gig」
   出演 : 鈴木陽一レモン、三原千尋、電脳ヴードゥー、行方不レ知
    ゲスト : 中内こもる
朗読詩人4人が試行錯誤、意見交換しつつ「同じ詩を3回」朗読して向上を目指すストイックな企画。
気分転換のゲストアクトに中内こもる氏(ポエトリースラムジャパン2016チャンピオン、朗読日本代表選手として2017フランスW杯に出場)を迎える。
ミニオープンマイク(飛入参加枠5名、各5分の持ち時間)も開催予定。

 


1月11日(土) ライブ 19:30〜 1500円
  ネアンデルタール
マン [ガイ(g)+シュウ (dr等)+東内原章人(b)+大庭彰恵(art)]

日本のフリースタイルロックを代表するバンド ネアンデルタールマン 。2020年最初のライブは 三味線の日。
名古屋ノイズ天皇ガイさんは 古希過ぎても 枯れません。絶倫。凄いね。楽しみだね。



1月12日(日) ライブ 19:30〜 1000円
  Loveless [たかし(vo,b)+石原(ds)]
  逆噴射日向(vo,g)
 
 
毎年恒例、冬のLOVELESS。音楽の本質を気負わず、あっさりと見せてくれる。これを見ときゃあいいんだ。違う、でも正解。日向君は、久しぶりの逆噴射バージョンで。同じ土俵の二組で新春早々にふさわしく、自分の立ち位置の確認を。


1月13日(月・祝) ライブ 20:00〜 3000円
  森 香(vo,g)
  中野重夫(vo,g)
 
 
 
中野重夫と森香のアコースティックライブ
日本一のジミヘンドリックスギタリストがアコースティックギターを抱いてうたう。ひたすらにストラトキャスターを唸らせ吠えさせてきたその手で指で鳴らすアコギはどんな音を出すのだろう。でらハッピィ?シンガー森香がお贈りする「でらハッピィ?ジョイント」第一弾です!
 


月14日(火)は、振替休業です。よろしくお願いいたします。


1月15日(水) ライブ 19:30〜 2500円 (急遽決定いたしました。ライブスケジュール(印刷物)には載っていません)
  
 Yumi Hara x Fatern 新春Live2020
 
Yumi Hara (ユミ・ハラ)
元Henry CowのChris Cutler、Tim HodgkinsonとのTHE WATTS をはじめ、The Artaud Beats, Lindsay Cooper Songbook/Half the Sky、you me & us、faUSt等アヴァンロック、カンタベリー、クラウトロックの極北で活動するロンドン在住のピアニスト。リョウガイとの共演などで なんやでもおなじみ。http://www.yumiharacawkwell.co.uk/
Fatern (フェイターン)
深海と宇宙の間に漂う音を 拾い集めて奏でる
旅音サウンドコラージュ テルミンピアノうたうたい
2000年より13枚のCD・DVDをリリース。
http://fatern.com


1月16日(木) ライブ 19:30〜 2000円
  樋口智美(vo,g)
  サイバーパンク演歌歌手Σ
  たにしん
 
神戸から、サイバーパンク演歌歌手Σが、なんや初登場!「芦屋の恥」と、自ら名乗るが、その歌は「芦屋のジャンヌダルク」。慟哭であり、解放。
それに対するは、たにしん!
センチメンタルであり、チャーミングなオヤジ心を歌う。フルスロットルなライブパフォーマンスと、チャーミングなオヤジ心にアナタも骨抜き。
そして、女の「性と生」を唄う、樋口智美。
この日、なんやは日本で一番熱い場所となる!必見!



1月17日(金) ライブ 2階開場18:30 開演20:00 2500円
  
〜キャンディマン ブルース〜リリースツアー2020 【ナベジ 2020年新春 東海〜近畿行脚】@御器所
   ナベジ(vo,g) ワンマン
 
ナベジさん、しっかりとした声とギターで足腰の強い演奏。迷いみたいなのがなくなって、押してくるのがいい。観客も大盛り上がり。いいライブの証だし、それによってまたいいライブになっていく。


1月18日(土) ライブ 20:00〜 2500円
    森 香(vo,g)
   キタムラリョウ(vo,g)
 

親子のちゃぶ台ライブ2020
天才的なギタープレイと純で切ない歌がグッとくるキタムラリョウ、本当は飾る言葉などいらないほどの力のある表現者。倍の年齢の森香と二人仲良く並んでのライブを久しぶりにやってみる。
互いの旅や生活の中から拾ってきた笑い話をしながらゆっくり交代で歌っていく予定。
というより、歌で語らう時間になると思う。
でらハッピィ?シンガー森香がお贈りする「でらハッピィ?ジョイント」第二弾!
 


1月19日(日) ライブ 19:30〜 1500円
  音のひと*ゆうな(和太鼓・篠笛・踊り)
  小林雅典(g)
  puyo(as)

 
音に魅せられて音から離れられない人達。音に対してのスタンスは、3人とも違う感じがするけど、だからこそ、おもしろいんだろうな。どかどかとダイナミックに、アンニュイに、ロマンチックにいきたいものだ。

 


1月20日(月) ライブ 19:30〜 2000円
  石渡 岬(tp,vo)
  松本卓也(sax)

  武藤祐志(g)

 
松本卓也
春日井市出身のsax奏者、東京を拠点に自身のバンド フロリハ/渋さ知らズ/Earth Wind &Fighters/藤井郷子オーケストラ名古屋ver./ smog brassなんかで活動中。今回名古屋で何か演りたいと思い盟友の石渡岬ちゃんと初めましての武藤祐志さんと。それぞれののオリジナルからフリーのドインプロまで賑々しくできたらいいなあと思っております。



1月21日(火)は、振替休業です。よろしくお願いいたします。


1月24日(金) ライブ 19:30〜 2000円
  詩野(vo,key)
  某ゆきの(vo,g)
     
【詩野】
富山在住ピアノ弾語り
東京での音楽活動を経て、現在は富山石川を中心に全国でライブを行う。2017年ファーストミニアルバム「owl owl」発売。ノデウタウ 名の通り 飾らず力強い言葉でウタうことがモットーだが、飲み過ぎるのがタマに傷。

某ゆきの まっすぐで元気。ストレートな歌がまっすぐに響く。まっすぐな歌詞が、まっすぐ届く。ありのままで、すばらしい。声がとっても魅力的。
ゆきのさんの演奏は激しい。とても勢いをもって緊張感のある演奏。一気に突っ走って、とても心地よい。すがすがしい。

 



1月25日(土) ライブ 19:30〜 1000円
  足立明彦[リメ](vo,g)リメソロ!feat.菊谷剛士(g)(theバーナム、電子宮)+puyo(as)+よっぴん(b)
 
足立明彦[リメ]1963年生まれ
theバーナムのヴォーカリスト。近々のソロワークスではサポートミュージシャンに同僚の菊谷氏などを迎え、独自のシュールな歌世界と音空間を広げたライブを展開中!


1月26日(日) ライブ 19:30〜 投げ銭
  ツームストーン・モス [Matsunaga Ken(g,vo) +Hitomi Kanda(dance)]
   ゲスト puyo(as)
 
絵を描き詩を書き音楽を奏で歌唱するMatsunaga Kenと、妄想の中インスピレーションを受け自由に舞うHitomi Kandaのコラボ作品。オリンピック・イヤーの華々しい幕開けに、ローテクローファイのユルユルジャンク路線で行きますよ。そこのアナタ!ちょっと寄ってってみませんか?


1月29日(水) ライブ 19:30〜 2000円
  Hidamari [伊藤史和(g)+太子きよ(p)]
  
Hidamari
2017年末、名古屋のギタリスト伊藤史和と埼玉のピアニスト太子きよの二人で結成
ジャズやボサノバ等のブラジル音楽をベースに、独自のアレンジ曲やオリジナル曲を演奏するインストユニット。
軽快でナチュラルな美しい響きを、なんやの落ち着く空間でお楽しみください。



2月1日(土) ライブ 19:00〜 1500円
  びわこノイズサミット [小松バラバラ(voice)+Edge Minami(A.Sax.)+トタニハジメ(fretless bass)]
  Sam?dhi[柳川芳命(as)+マツダカズヒコ(g)+鈴木茂流(elec.b)]
 
 
びわこノイズサミット
即興という最大公約数をもとに滋賀の地で集まった3人が、それぞれの引力でスイングバイされて加速、または衝突の轟音を響かせる、または穏やかなしじまを生む。
縷々綿々と変化を続ける水のごとき音と、惑星が生まれる際に発した音を、人為的に会合させる試み。
聞いた後、存在が音とともにあることを祝福したくなる、そんな音楽集団です。
Sam?dhi
1993年より活動を始め、近年はドラマーを加えたライヴも増えてきたが、
オリジナルメンバー3人による演奏も忘れてはいない、
どちらにしろ常に未来を見据え前進する姿勢を崩さない。
このところ滋賀の即興シーンが熱くなりつつあるようだ、嬉しいかぎりである。ドンドンここ名古屋に進出してもらいたいものだ。
 


2月2日(日) ライブ 2階開場19:00 開演 19:30 予約1500円 当日2000円(急遽決定いたしました。ライブスケジュール(印刷物)には載っていません)
  フロム春12〜節分前夜祭〜
   ヤソ・チェン&ザ・シー
   海洋天堂

 


2月5日(水) ライブ 20:00〜 2500円
  森 香(vo,g)

  きんさい家ひできち(vo,g)
森香プレゼンツ「でらハッピィ?ジョイント!」
「お好み焼きシンガーソングランナー」「でらハッピィ?シンガー」キャッチフレーズを並べただけで楽しくなる。広島出身の「きんさい家ひできち」の焼くお好み焼の旨さは半端ない。まさにプロの味。その力は歌にも注がれ、トークにオリジナルに笑いと涙が溢れる。歌旅の鬼「森香」の2019年名古屋での最大の発見である。なんやの二階がでらハッピィ?MAXになるよ。
  
きんさい家ひできち
昭和39年7月18日生 出身 広島
中学生からギターを独学で弾き語りをはじめ
両方共一向に上手くならないまま
気がつくと 音楽より
お好み焼きを焼くほうが上手くなる
広島で音楽活動をしていたが
1988年ころから名古屋にて
拠点を変え活動をする
1990年ころから 名古屋市栄にあった
ライブハウス ペッカー にて
毎週火曜日ライブを数年続ける
テレビ、ラジオ、イベントなど活動するも
気がつくと 広島お好み焼きさのお店ををはじめる
2011年頃からビーチサンダルで自作した
ランニングサンダルでマラソンを走ることにハマり
教室など開き そんな活動もはじめる
今では、「お好み焼きシンガーソングランナー」と呼ばれている
弾き語りライブは、人生と同じ
「泣き、笑い」
がテーマ。
(どこでも和装姿で現れます)

 


2月6日(木) ライブ 2階開場19:00 開演19:30 2400円
  武藤祐志(g)
  加藤雅史(contrabass)
  上ヱ地宏太(ds)
 
超高速変拍子Plastic dogsでシャープ且つソリッドなドラムで楽曲を支える上ヱ地宏太と、ジャズ・フリーインプロヴァイザーとして自分が絶大な信頼を寄せるベーシスト加藤雅史。この2人を迎えてフルストレングスに血と汗と涙と笑いのギタートリオサウンドを展開します。お見逃しなく!


2月7日(金) ライブ 19:30〜 予約2000円 当日2500円
  ワタナベマモル(vo,g)
  TERRY(vo,g)
  BABY STAR
 
新春恒例のワタナベマモル+BABYSTARにTERRYが加わり、ロックンロールの嵐。思い切りのいい3人が、波乱の2020年にどんな風を吹き込むのか!!
 


2月8日(土) レコードコンサート 18:00〜翌1:00 無料
  
世界がまだ若かった頃 恒例 FM HOURVol.28
   
選曲 : トキオ , Mr.F

 



2月9日(日)
 ライブ 18:30〜 前売2000円 当日2500円
  
「モッキー50歳記念!全国50ヵ所弾き語りツアー!」 御器所なんや武道館 2ステージ
   最鋭輝
予約受付開始(2019/12/1) 薔薇屋敷レコードmotoki4510@gmail.com
 


2月12日(水) ライブ 2階開場18:30 開演19:00 2500円
  kurosawa daisuke
  岩切愛子
  Keicamp
   
【kurosawa daisukeプロフィール】
北海道帯広市出身。
東京を中心にライブ活動を行う傍ら、2007年にロンドンライブを敢行、2009年公開の韓国映画にコンポザーとして参加するなど世界に活躍を拡大。
国内では、クミコ、バービーボーイズ杏子、他数々のメジャーアーティストのギターをサポート。現在は年間150本を越すライブで国内を精力的に回っている。
kurosawadaisuke[黒澤大介]
1969/9/17生まれA型、北海道帯広市出身。上京後、自身のバンドビスタコシェッチの活動を経てソロ活動をスタート。東京を中心にライブ活動を行う傍ら世界に向けて音楽を発信。2007年ロンドンでライブを敢行、2009年公開の韓国映画「ユガムトシ」にコンポーザーとして参加するなど活動を拡大。全世界配信の「USTREAM」では合計視聴数が20万人を突破、世界中にフォロワーを持つ。また、国内では数々のメジャーアーティストのギターをサポート。現在は年間170本を超すライブで日本全国を精力的に回っている。旅人でもあり、どこまでも深いその声は唯一無二の存在。加えてアコースティックギター弾き語りの枠超えたギタープレイにも注目が集まっている。
公式HP
https://kurosawadaisuke.themedia.jp/
スケジュール
https://note.mu/driveway
サウンド
https://www.youtube.com/playlist?list=OLAK5uy_mgHDE-AV7VmhTlLcDtiWDH_BpKvKAWo7I
動画
☆友達の唄
https://youtu.be/8ENAzJUrZSc
☆Let's spend the good times
岩切愛子

愛知県岩倉市出身。
現在は横浜を拠点に毎月「月に1度は愛子の部屋」というコンセプトでピアノ弾き語りのワンマンライブを行うなど精力的に音楽活動を展開している。
元々はスタジオミューシシャンとして数々のCMソングや有名アーティストのバックコーラスに携わった経験を活かし、2013年よリシンガーソングライターとしての活動を本格始動。
楽曲制作はもちろん音源制作に至るまで作品全体をトータルコンポーズしオンリーワンの世界観を表現する。
2017年にリリースした3rdシングル「オレンジの時つ風」は美しい自然や人から人へと紡がれていく思いをどこか懐かしい旋律でダイナミックに表現し、楽曲をきっかけに愛南町より観光サポーターとして任命される。
主なCM参加作品
・城本クリニック
・株式会社ミニミニ
・東京たまご ごまたまご
・若鯱家
・南クリニック
・カローラ愛知
・東海東京証券
・堀田商事
・サンレジャン株式会社
and more...
【WEBサイト】
http://www.iwakiriaiko.com?
【contact】
aiko.iwakiri.mail@gmail.com
Keicamp
埼玉県出身
東京でバンド活動を行い、音楽番組イカ天などに出演。South2Campという3ピースロックバンドでVo,Gを担当。現在は愛知県に在住。


2月13日(木) ライブ 20:00〜 1500円
  【鳳山瑞希 3rdアルバム「曙光」リリースツアー】
   鳳山瑞希(g)
   音のひと*ゆうな(篠笛)&海(g)

  
大阪のソロギタリスト鳳山瑞希氏のレコ発ライブ!音のひと*ゆうな(篠笛)&海(gt)デュオとの対バンでお届け。


14日(金) ライブ 19:30〜 1000円 セッションあります。奮ってご参加ください。
  ”sakata trio” no impro session day!
  坂田トリオ [puyo(as) 新井田文悟(b) 坂田こうじ(ds)]

 

今年最初のsakata trioは即興のセッション企画です。もちろん飛び入りも大歓迎。是非遊びにいらしてください。一緒に愉しみましょう!
(※ドラムはありますが、機材は各自持ち込みでお願い致します)
 


2月15日(土) ライブ 19:30〜 2000円
  電子宮 feat puyo(as)
  HAL2020

  
電子宮〔でんしきゅう〕 theバーナムのギタリスト菊谷剛士による非スピ系極東音響プロジェクト〈電子宮〉
【HAL2020】(はるにせんにじゅう) はるぐん(のうしんとう)、ヤソちゅん(春日井アイドルP)、きくにゃぐ!(電子宮)の3人からなるヤングテクノポップグループ。2020年2月2日結成。



2月18日(火) ライブ 19:30〜 1000円
  クイクイジーラ
  みつひろ かつとし

  
クイクイジーラ
長野市在住のバンド
チョコレートタウンオーケストラの原コウタ(歌、ギター)とハラユウコ(パーカッション)からなるバンド。
フルートやコントラバス等のサポートメンバーを加えて演奏したりもする。
2015年夏結成。好きなものは、夏、夜、空、宇宙、鉄、石、草、など。
北極から南極まで道草をしている途中なのです。
2018年9月ファーストアルバム『First meal』をリリース。
今回はフルートユッキィ、ウッドベース大沢夏海を交えてのフルメンバー!
みつひろ かつとし
ジャイブ、デキシー、アメリカンフォークなど古き良き時代の音楽を愛する弾き語りシンガー。ギターやバンジョーを片手に軒先からステージまで飛び回ります。



2月19日(水) ライブ 19:30〜 1000円
  佐藤諒 (ファゴット)
  亀山淳弥(g)
  三宅昌徳(ds)

  Atsumi Hisashi(p)
 
京都からファゴットプレイヤーの佐藤諄さんをお呼びしてライブを行います。
即興を中心に、同世代の僕たちができる音楽を創り上げます。
佐藤諒 ファゴットプレイヤー
主に関西を中心に活動。ノイズ、即興演奏の他に各地のチェンバー系バンドやジャズバンドにも参加している。
三宅昌徳 ドラマー
愛知県安城市出身。14歳からドラムを始め、専門学校在学中からライブや講師活動を始める。卒業後はメジャーアーティストのバックバンドなどに参加。現在は東海地方を中心に活動を行なっている。
亀山淳弥 ギタリスト
アイルランドNewpark音楽大学に編入し、在学中にChris GuilfoyleにChromatic Concept等の技法を学ぶ。
ジャズインプロヴィゼーションや作曲等に多大な影響をヨーロッパから受ける。
2017年9月に帰国し、岐阜、名古屋を中心に活動を始める。
 


2月20日(木) ライブ 19:30〜 1500円
  大江健人(vo,g)
 

北海道札幌市在住。72014年、北海道JAZZ FESTIVAL、2014年、RISING SUN ROCK FESTIVAL 、2015年、寺山修司記念館フェスティバル、2016〜17年 京都OKA SONIC、2016年 SAGAN MUSIC FESTIVAL 出演等、全国各地でライブ活動をしております。
※主な共演者 花田裕之、The TRAVELLERS、石原顕三郎、T字路s、踊ろうマチルダ、SWOW441、寺田町、本間章浩、ハッチハッチェル、塚本功、MOONEY、日倉士歳朗、高田エージ、鬼頭つぐる、松井ろくろう、三浦雅也、(夜のストレンジャーズ)松沢春伸、大石みつのん、風太郎、ウタモモ、ナオユキ、とんちピクルス、高哲典、イ、チスン、稲葉浩、山田兎、トミーブギー、すのうりん、加藤MAA、ヤマジカズヒデ、松竹谷清 濁水、矢野絢子、ウタモモ、ユダ、レイリー、Tiny Step、ナカヒラミキヒト、 宅嶋淳 桑田健志、jaaja、内山啓太(ケイタク)キング堀内、チスントリオ、ヤンフレンジー、小柳シンジ、山口洋(HEATWAVE)、藤井一彦(THE GROOVERS、等



2月21日(金) ライブ 19:30〜 2000円
  野口UFO義徳(djembe)
  石渡岬(tp)
 
スモッグブラス、渋さ知らずオーケストラ等々で活躍するトランぺッター石渡岬と、アフリカ・マリ共和国に数度に渡り渡航し、現地伝承リズムを継承するジェンベ奏者 野口UFO義徳によるフリーインプロビゼーションDUO。
DUOでは初顔合わせ、どんな音楽が出来上がるかは演ってみなければわからない、はてさてその結末やいかに?